公式投票板「東浩紀のゲンロンサマリーズで要約してほしい本」結果発表!

VOTECLOUD事務局です。

株式会社ゲンロン主催の公式投票板「東浩紀のゲンロンサマリーズで要約してほしい本」が、2012年11月30日に終了いたしました。
人文・社会学系の学術に詳しい方から、はじめてゲンロンサマリーズを知る方まで、たくさんのご投票ありがとうございました。

TOP3結果発表!

1位 ジャン=リュック・ナンシー
『フクシマの後で: 破局・技術・民主主義』 74票

<一部ユーザーコメント抜粋>

  • フランスの哲学者が、日本で起きた原発事故をどう受け止めたのか知りたい……けどフランス現代思想なんてほとんど知らない自分が読むにはあまりにも敷居が高く思えるので。デリダを引き継いでいる(wikipediaで見た)という点で東さんの思想と重なる部分もあるのでしょうか。
  • 彼の著書は未読ですがこれは気になります。
  • 他国の思想大家から日本の行く末のアドバイスをもらいたいと思ったから。
  • 2位 古市憲寿『僕たちの前途』 64票

    <一部ユーザーコメント抜粋>

  • 『絶望の国の幸福な若者たち』が面白かったから。
  • 10年代を代表する若き社会学者の若者起業論は新鮮
  • 新聞広告でも見ました~。読んでみたいので一票。
  • 3位 池内了『科学の限界』 26票

    詳細は東浩紀のゲンロンサマリーズで要約してほしい本をチェック!
    読みたくなる、気になる本がきっと見つかるはずです。

    今後ともVOTECLOUDをよろしくお願いいたします。

    VOTECLOUDへ戻る