開催終了
シャッフル
カテゴリその他 > 創作
99votes
  • tw
  • fb
開催は終了しました

ゴーギャンは故郷のフランスよりも素朴で単純な生活を求めて1891年にタヒチに渡った。タヒチ滞在時代の1897年から1898年に描き上げたこの作品は、高度に独自の様式化された神話の世界を描いた他の作品と同様にゴーギャンの代表作とされており、もっともゴーギャンの精神世界を描き出している作品と言われている。  この作品についてゴーギャンは「これは今まで私が描いてきた絵画を凌ぐものではないかもしれない。だが私にはこれ以上の作品は描くことはできず、好きな作品と言ってもいい」としている。 現在この作品が所蔵されているボストン美術館のキュレーターは、この絵画の所有者の記録を更新し続けており、これは来歴がまだ完全なものではないことを意味する。最初の記録として、1898年にゴーギャンはこの絵画をフランス人画家・美術収集家ジョルジュ=ダニエル・ド・モンフレェ(en)に送っているのが確認されている。その後何人かのパリやヨーロッパの画商、収集家の手に渡り、1936年にニューヨークのマリー・ハリマン・ギャラリーが入手した。ボストン美術館がこの絵画をマリー・ハリマン・ギャラリーから購入したのは1936年4月16日のことである。  この作品はシカゴ美術館で開催された「セザンヌからピカソまで」という展覧会で、2007年2月17日から5月12日まで展示され、それ以来もと通りボストン美術館に展示されている。...

ゴッホが神経発作のためにサン・レミのカトリック精神病院に入院していた際に描かれた晩年期の傑作、星月夜。ゴッホは自身が盲信していた自然世界との一体化について次のように語っている。「夜空の星をみているといつも夢見心地になるが、それは地図の上で町や村を表す黒い点を見てあれこれと夢想することに近い。何故、夜空に輝く点にはフランス地図の上の点のように近づくことができないのか不思議に思う ~中略~ 僕らは死によって星へと到達するのだ」。星降るような空を創造したいと自身が投書した手紙の中でも語っているゴッホが、それを表現した象徴的な作品である本作の最も印象的な、渦を巻く暗雲やその中で光を放つ月の表現は観る者に強い印象を与える。本作でゴッホは、本来の静寂に包まれた闇夜を描くのではなく、自身のエネルギーを発散するかの如く、黙示禄的な印象を抱かせる激情に溢れた夜を描いた為である。また糸杉と呼ばれる天高く伸びた杉の木を始めとする大半のものは本作はゴッホが入院していたサン・レミのカトリック精神病院の病室から見た風景を元にされているが、画面中央の北欧的小村と教会はゴッホの想像によって描かれた。...

スペイン内戦の最中の1937年4月26日、スペイン北部・バスク州の小都市ゲルニカがフランコ将軍を支援するナチスによって空爆を受けた。史上初めての都市無差別空爆と言われることがある。滞在中のパリでこの報を聞いたピカソは、かねて人民戦線政府より依頼されていた同年のパリ万国博覧会スペイン館の壁画として急遽ゲルニカを題にこの作品に取り組み、6月4日には完成させる。  スペイン内戦はフランコ将軍の勝利により終結。この絵はロンドンなどを巡回したのちにヨーロッパの戦火を避け、1939年、米国に渡りニューヨーク近代美術館に預けられる。第二次世界大戦後もフランコ将軍の政権下にあったスペイン政府はこの絵の返還を求めるが、「スペインに自由が戻るまでこの絵を戻すことはない」とピカソは拒否した。  ピカソは1973年にこの世を去る。フランコ将軍も1975年に没し、政体の代わったスペインとニューヨーク近代美術館との間にこの絵の返還交渉が再び始まった。1981年になってようやくスペインに返還され、現在はマドリードのソフィア王妃芸術センターに展示されている。  ピカソは大戦後これと同じ図柄のタペストリーを3つ制作しており、そのひとつはニューヨークにある国際連合本部の国際連合安全保障理事会議場前に展示されている。  『ゲルニカ』は、その誕生からその遍路の間も反戦のシンボルであり続けてきた。ただ、ピカソが後に共産党員になったことや人民戦線との繋がりから、ピカソの義憤の象徴と解釈するのには異論もある。...

ゼツェッション(ウィーン分離派)最大の画家グスタフ・クリムトが残した傑作『接吻』。おそらく画家の最も著名な作品である本作は、クリムトと恋人であったエミーリエ・フレーゲと最も良い関係であった頃に自身らをモデルにして、当時タブーとされていた題材である≪接吻≫を主題とし描いた作品で、1908年にウィーンで開催された総合芸術展≪クンストシャウ≫で、検閲を逃れ発表された本作は熱狂的なまでに大好評を博し、クンストシャウ終了直後にオーストリア政府に買い上げるという、国が認めた名作であることのみならず、ファム・ファタル(運命の女)思想とエロス的表現を、クリムト独自の世界観による金箔を使用した、いわゆる黄金時代期において頂点を成す、最も優れた作品としても広く知られている。眩いばかりの黄金の中に溶け合う男と女は、非現実的でありながらも、極めて深い思想と官能性に満ちている。それは平面的に描かれる男性の纏う衣の装飾≪四角≫と、女性の纏う衣の装飾≪円形≫が補完を意味しているものであり、同時に男女の間に潜む敵意をも表しているからに他ならない。また男女が立っている色彩豊かな花の咲く崖が、愛の絶頂期においても愛や幸せと疑心や不安が紙一重であることを示し、否が応にも見る者にその先に待つ悲劇を予感させる。 ...

巨匠ピーテル・ブリューゲルの最も世に知られる代表作『バベルの塔』。旧約聖書創世記 第11章に記されている伝説の塔で、ノアの洪水後、人間が天にも届くような高い塔≪バベルの塔≫を築き始めたのを神が見て、その驕りを怒り、人々の言葉を混乱させ建設を中止させたとされる逸話中、塔の建設場面を描いた本作は、内部まで細密に描かれている建設途中の塔の形態、色彩、人物・風景描写など各部分において特筆に値する秀逸の出来栄えを示している。ノアの洪水後、ノアの子孫ニムロデ王が自身の力を誇示せんが為に高い塔を築き始め、その奢りに神が怒り、人々の言葉を混乱させ建設を中止させたことから、世界中の言語が誕生したとされている。建造を指導したニムロデ王は、人類の堕落に怒った神の命を受け箱舟を造り、自身の家族と一つがいずつの動物たちと共に乗船し、神が起こした大洪水を77日間生き延び、新たな人類の祖となった義人ノアの息子の子供とされる。なお本作を描いた翌年に、画家は本作より塔の完成が進んだバベルの塔を描いている。...

『睡蓮』はジヴェルニーの自宅の庭にある睡蓮の池をモチーフに、1899年から1926年に亡くなるまでの間に全部で200点以上制作されている。  しばしば絵のモチーフになっている日本風の橋は1895年に自らの土地に造ったものである。睡蓮や池をモチーフとした作品は1890年代半ばから現れるが、本格的にこのテーマに取り組むのは1899年からである。同年から翌1900年にかけて、睡蓮と日本風の橋とをテーマとした連作を手がけ、18点が制作された。1900年頃からの晩年には他の絵はあまり描かなくなり、もっぱら『睡蓮』に傾注した。  1890年代の『睡蓮』には岸に生える柳の木や、池に架かる日本風の橋などのモチーフが描かれていたが、1900年代になると、画面のすべてが水面でおおわれるようになり、水面に浮かぶ睡蓮、水中の茎や水草、水面に映る空や樹木の反映が渾然一体となって描かれている。晩年はモネが白内障を患い、失明寸前の状態にあったこともあり、画面は限りなく抽象に近付いている。1903年から1908年にかけては多くの『睡蓮』を描き、1909年にはデュラン=リュエル画廊で『睡蓮』48点を展示した「睡蓮、水の風景」という個展を開いた。その後、1909年から1913年頃までは視力の悪化のため、あまり制作をしていない。この間、1911年5月には2番目の妻アリスが病死。実子のジャンも1914年に没した。  1914年頃から制作を再開。縦1メートル、横2メートル、あるいはそれ以上の大キャンヴァスにもっぱら描くようになる。視力が悪くても、大画面に描き、遠くから眺めれば何とか制作できることがわかったからである。1922年には片目は強い光が分かる程度、もう一方の目の視力も極度に落ち、1923年には3回にわたって眼科の手術を受けた。最晩年の「日本の橋」や「バラの小道」をテーマとした作品群はほとんど抽象に近づいている。...

幼少期に母親を亡くし、思春期に姉の死を迎えるなど病気や死と直面せざるを得なかった1890年代のムンクが、「愛」と「死」とそれらがもたらす「不安」をテーマとして制作し、「フリーズ・オブ・ライフ(生命のフリーズ)」と称した作品群のうちの一作であり、『叫び』はその中でも最も有名な作品である。また、同題名、同構図の作品群『叫び』の中で世界的に最も著名なのは、最初に描かれた油彩の『叫び』であり、オスロ国立美術館(en)が所蔵している。  極度にデフォルメされた独特のタッチで描かれた人物、血のように赤く染まったフィヨルドの夕景と不気味な形、赤い空に対比した暗い背景、遠近法を強調した秀逸な構図の作品であるが、この絵は、ムンクが感じた幻覚に基づいており、彼は日記にそのときの体験を次のように記している。 “ 私は2人の友人と歩道を歩いていた。太陽は沈みかけていた。突然、空が血の赤色に変わった。私は立ち止まり、酷い疲れを感じて柵に寄り掛かった。それは炎の舌と血とが青黒いフィヨルドと町並みに被さるようであった。友人は歩き続けたが、私はそこに立ち尽くしたまま不安に震え、戦っていた。そして私は、自然を貫く果てしない叫びを聴いた。 ”  しばしば誤解されるが、「叫び」はこの絵で描かれている人物が発しているのではなく、「自然を貫く果てしない叫び」のことである。絵の人物は、「自然を貫く果てしない叫び」に怖れおののいて耳を塞いでいるのである。なお、ムンクがこの絵を発表した際、当時の評論家たちに酷評されたが、のちに一転、高く評価されるようになった。  エーケベルグ(en)の町は、高台からオスロとその先のオスロ・フィヨルド(地名に反してフィヨルドではなく、北欧に特徴的な湾であるヴィーケン(en))を望む景観が、『叫び』の実在する舞台として知られている。...

1831年 横大判錦絵 山口県立萩美術館・浦上記念館

1931年に製作された彼の代表作のひとつ。 縦24.1cm、横33.0cm。 現在はニューヨーク近代美術館に所蔵されている。  これに描かれたモチーフでこの絵の別名にもなった、“柔らかい時計”はダリを象徴する存在のひとつとなった。  日本のロックバンドFLOWの楽曲には、この画をモチーフにした「SNOW FLAKE~記憶の固執~」がある。...

1924年初夏、佐伯祐三は里見勝蔵とともにオーヴェール=シュル=オワーズに、野獣派(フォーヴ)の画家ヴラマンクを訪ねました。渡仏後に描いた自信作の裸婦像を見せたところ、ヴラマンクに「アカデミック!」と批判され、佐伯は大きな衝撃を受けたと伝えられます。この出来事の後、佐伯は制作上の大きな転機を迎えます。《立てる自画像》は、それまでとは異なる粗削りのタッチで描かれたうえ、顔の描写はパレットナイフで削り取られています。カンヴァスの裏面には《夜のノートルダム(マント・ラ・ジョリ)》という別の絵を翌年完成させました。芸術家として進むべき真の道を模索する若き佐伯の姿が、自身は却下したこの自画像に刻み込まれています。   http://www.city.osaka.lg.jp/contents/wdu120/artrip/saeki_gallery_01.html...

1922年 油彩・カンヴァス(ガーゼ)  40.5 x 38cm バーゼル美術館/スイス

1849年6月にパリの政治的混乱やコレラを避けて、当時芸術家たちの集まっていたバルビゾン村に疎開したミレーが描いた農民画のひとつで、『種をまく人』『晩鐘』とともにミレーやバルビゾン派絵画の代表作と位置付けられている。1857年に官展(サロン)に出展。フォンテーヌブローの森のはずれにあるシャイイの農場が描かれている。刈り入れが終わった後の畑に残った麦の穂を拾い集める3人の貧しい農婦が描かれており、二人は正面を向いて腰をかがめ落ち穂を拾い、一人は背中を向け、手には落ち穂をもちやや腰を曲げて立っている。背景には穀物がうず高く積まれ、豊かな地主が馬に乗って監督するもとでのにぎやかな収穫風景と対比して描いている。労働の重苦しさを描きながらも、明るい朝の太陽に照らされた美しい色彩が壮麗に描写されており、ルソーが17世紀オランダ派やニコラ・プッサンから受けた感動の影響が認められている。  バルビゾンに移住していたミレーは、1850年に官展(サロン)に出展した『種まく人』以来は農民画を多く手がけている。アルフレッド・サンシエのミレー伝記によれば、1851年末から翌年にミレーは交友のあったパリの建築家アルフレッド・フェイドから連作『四季』の注文を受けている。フェイドのコレクションのうち、どの作品が『四季』に含まれるのかは議論があるが、アレクサンドラ・マーフィーによれば『葡萄畑にて、春』(ボストン美術館所蔵)、『落ち穂拾い、夏』、『林檎の収穫、秋』(アーノット美術館所蔵)、『薪集め、冬』(エルミタージュ美術館所蔵)の伝統的な季節ごとの農作業を描いた油絵作品4点であるという。...

通称の『夜警』は長い間、この絵画の内容によく合ったものと考えられてきたが、これは絵画の表面が茶色く変色したことによる誤解である。実は、この絵画は昼の情景を描いている。バニング・コック家に保管されていたこの絵画のための素描には、横に次のような記述があり、より適切な題名の手掛かりになっている。   De jonge heer van Purmerland als Capitein geeft last aan zijnen Lietenant de heer van Vlaerdingen om sijn compaignie Burgers te doen marcheren (隊長の若きプルメレント領主(バニング・コック)が副隊長のフラールディンゲン領主(ファン・ラウテンブルフ)に市民隊の行進を命令する) ...

1923年 油彩・カンヴァス 140 x 201 cm グッゲンハイム美術館/ニューヨーク

ペダルテルノロータンドモーヴェンス・セントロクラートゥス・アルティクローススは、自然界における車輪の形の欠如に対する不満から(自然発生で!)生まれた、転がりながら前進する能力を持った生き物である。ここで描かれている、俗に「ヴェンテルテーフィエ」 とか「ロルペンス」と呼ばれている小動物は、その存在によって、強く感じられてきた不足感を満たそうとしているのである。生物学的な詳細はまだ乏しい。これは哺乳類なのか、爬虫類なのか、それとも昆虫なのか? この生き物は、角質化したいくつもの関節から形成された細長い体と、3対の脚を持っている。その脚の先端は人間の足との類似を示している。頑丈で曲がったオウムのようなくちばしを備えた、ずんぐりした丸い頭部の中央には、球形の眼がついている。その眼は、柄のようなものの先にくっついていて、頭の両側で遠くに突き出している。この動物は、体を伸ばした姿勢で、ゆっくりと、慎重に、その6本の脚を用いて、どのような表面の上でも前進することができる(必要であれば、急な階段を上ったり下りたりすることもできるし、茂みをかきわけて突き進んでいくことも、岩場をよじ登っていくこともできる)。いざ長い道のりを移動しなければならなくなると、またその目的のために比較的平坦な道が開けているような場合には、この生き物は自分の頭を地面に押しつけて、素早く、くるくると自分の体を丸める。それに際しては、自分の脚で――脚がまだ地面についている間は――自分の体を突き放す。ぐるぐる巻きの状態では、この生物は円盤状の形態を示す。...

絵の中心に描かれている民衆を導く果敢な女性は、フランスのシンボルである、マリアンヌの代表的な例の1つである。原題のLa Liberté guidant le peopleから分かるように、女性は自由を、乳房は母性すなわち祖国を、という具合に、ドラクロワはこの絵を様々な理念を比喩(アレゴリー)で表現している。一方で彼女がかぶるフリギア帽は、フランス革命の間に自由を象徴するようになった。女性の隣に立つ、マスケット銃を手にしたシルクハットの男性はドラクロワ自身であると説明される事が多い。フランス政府は1831年に革命を記念するためとしてこの作品を3,000フランで買い上げたが、あまりにも政治的で、扇動的であるという理由から、1848年革命まで恒常的な展示は行われなかったという歴史を持つ。1874年にルーヴル美術館に収蔵された。  絵画としてのスタイル、フランス7月革命というテーマから、絵画におけるロマン主義の代表作と言える。...

1923年大正12年《生々流転》 絹本墨画 55.3×4070.0cm   東京国立近代美術館蔵

1658-59年 油彩・カンヴァス 45.1×41cm ルーブル美術館/パリ

1485年 テンペラ・カンヴァス 172×278cm ウフィツィ美術館

好きな有名絵画ランキング

めっちゃ有名なやつ限定で。

日本では何が人気あるのか気になりました。
開催状況 開催予定
開催期間 2012年05月11日 00:00 〜
2013年05月10日 00:00
カテゴリー その他 > 創作
投票権利者 Twitter Facebook
投票総数 99
候補の追加・編集 すべてのユーザーに許可
投票できる回数 3
再投票 不可
作成者 非公開
公開日時 2012年05月10日 22:03
最終更新日時 2013年05月09日 20:33

この投票板を見た人はこんな板も見ています

  • 絶対に折れない死亡フラグ

    絶対に折れない死亡フラグ

    開催期間 |
    2012.10.24 - 無期限
    read more...
  • 風邪の時に食べたいもの

    風邪の時に食べたいもの

    開催期間 |
    2012.02.17 - 無期限
    read more...
  • ダンガンロンパキャラクター投票!!

    ダンガンロンパキャラクター投票!!

    開催期間 |
    2015.03.22 - 無期限
    read more...
  • ハーゲンダッツで一番好きな味

    ハーゲンダッツで一番好きな味

    開催期間 |
    2012.08.16 - 無期限
    read more...
  • 【画像】有名美人コスプレイヤーまとめ人気投票!

    【画像】有名美人コスプレイヤーまとめ人気投票!

    開催期間 |
    2012.12.19 - 無期限
    read more...
  • 【絶対覚えたい!絶対使いたい!】ハンター×ハンターの超強力?念能力

    【絶対覚えたい!絶対使いたい!】ハンター×ハンターの超強...

    開催期間 |
    2014.08.18 - 無期限
    read more...

この板へのコメント

  • コメントはまだありません。

コメントを残すには、ログインしてください。

  • シンセVSロック どっち派? 国民調査
  • sasakure.UK『トンデモ未来空奏図』全曲公式人気ランキング
  • ゲンロンサマリーズ
  • アニメ映画「ねらわれた学園」キャラクターランキング
  • 電子工作コンテスト2012 応募作品インターネットファン投票

ソーシャルアカウントをフォローすると
最新のランキング情報がチェックできます!