無期限受付中
シャッフル
36votes
  • tw
  • fb
あと 3回投票できます

「僕と鼠もの」シリーズの第1作。群像新人文学賞を受賞し、1979年6月、文芸誌『群像』に発表。当時の村上春樹と同じく1978年に29歳になった「僕」が、1970年21歳の時の8月8日から8月26日までの19日間の物語を記す、という形をとり、40の断章と、虚構を含むあとがきから成る。 神宮球場でヤクルトスワローズ戦を観戦中に思い立ち、真夜中1時間ずつ4か月間かけて書いた村上にとってまったくの処女作である。ただし、妻である陽子の「つまらない」という感想に従って、頭から全体的に書き直している。執筆当初の仮題は「ハッピー・バースデイ、そして、ホワイト・クリスマス」で、これは表紙の上部に小さく英語で書かれている。 後のインタビューによれば、チャプター1の冒頭の文章が書きたかっただけで、あとは展開させただけだったと語っている。この文章は村上自身大変気に入っており、小説を書くことの意味を見失った時この文章を思い出し勇気付けられるのだという。 2005年時点で、単行本・文庫本を合わせて180万部以上が発行されている。   20代最後の年を迎えた「僕」は、アメリカの作家デレク・ハートフィールドについて考え、文章を書くことはひどく苦痛であると感じながら、1970年の夏休みの物語を語りはじめる。 東京の大学に通う僕は、夏休みに港のある街に帰省した。大学で知り合い、付き合った女性は春に自殺してしまった。僕はジェイズ・バーで、友人の「鼠」と、とりつかれたように酒を飲み続けた。   ...

1985年(昭和60年)に新潮社から刊行され、後に新潮文庫として上下巻で文庫化された。また『村上春樹全作品 1979~1989〈4〉』に収録され、このとき若干の修正が加えられている。村上にとっては外国語訳された二冊目の小説であり、『ねじまき鳥クロニクル』『海辺のカフカ』へとつづく新潮社系村上長篇作品の第一作である。 作品は「世界の終り」と「ハードボイルド・ワンダーランド」の章に分かれており、世界を異にする一人称視点(「僕」と 「私」)からの叙述が、章ごとに交互に入れ替わりながら、パラレルに進行する。但し、厳密な意味でのパラレルとは言えない(『海辺のカフカ』の同時間軸とは異なる)。『ノルウェイの森』(単行本)のあとがきの中で、村上はこの小説を自伝的な小説であると位置づけている。 また「世界の終り」は『文學界』(1980年9月号)に発表された中篇小説『街と、その不確かな壁』に基づいているが、主人公の選択する結末はまったく逆のものとなっている。 巻頭にはエピグラフとしてスキータ・デイヴィスのヒット曲、「世界の終わり」の歌詞の一節が引用されている。 2002年時点で、単行本・文庫本を合わせて162万部が発行されている。...

1987年9月、講談社から書き下ろし作品として上下巻が刊行、1991年に講談社文庫として文庫化、2004年に文庫改訂版が出された(なお、単行本にはあとがきが付されているが、文庫版には掲載されていない)。執筆はギリシャ、シチリア、ローマで行われた。そのため、引き続いてロンドンで執筆した『ダンス・ダンス・ダンス』と共に「異国の影のようなものが宿命的にしみついている」「結果として書かれるべくして書かれた小説」「もし日本で書かれていたとしたら、(中略)これほど垂直的に「入って」いかなかったろう」と村上は『遠い太鼓』に書いている。1987年3月7日、早朝から17時間休みなしで第一稿を深夜に書き上げる。直後の日記に「すごく良い」とだけ書き記した。3月26日、第二稿完成。すべてボールペンで手書き。 学生運動の時代を背景として、主人公「僕」と、友人の恋人「直子」を軸に、様々な思春期の葛藤や人間模様、恋愛、喪失感などを巧みに描き、非常に広く読まれている。後述のように上巻は、片山恭一『世界の中心で、愛をさけぶ』に抜かれるまで、日本小説単行本の発行部数トップであった。 主人公の通っている「東京の私立大学」は村上の母校早稲田大学を、「主人公が入っていた寮」は入寮していた和敬塾をモデルにしている。なおこの作品は村上の実体験を基にした「自伝的小説」であるとも見られるが、本人はこれを否定している。 元となる作品として短編小説の「螢」がある。 アメリカ、イギリス、カナダ、オーストラリアなどの英語圏のほか、ドイツ、フランス、ロシア、中国、台湾、韓国などでも翻訳されている。ノルウェー語にも翻訳された。...

2002年9月12日に新潮社から刊行され、2005年3月2日に新潮文庫にて上下巻で文庫化された。また、2005年には英語版Kafka on the Shoreがアメリカ、イギリスで刊行された。同年、同翻訳版が「ニューヨーク・タイムズ」紙で年間の「ベストブック10冊」及び世界幻想文学大賞に選出された。 ギリシア悲劇と日本の古典文学を下敷きにした長編小説であり、フランツ・カフカの思想的影響のもと[3]ギリシア悲劇のエディプス王の物語と、『源氏物語』や『雨月物語』などの日本の古典小説が物語の各所で用いられている。20代後半から30代前半の主人公が多い村上小説にしては珍しく、15歳の少年「僕」が主人公で、不思議な世界を自ら行きながら、心の成長を遂げていく物語である。  四国の高松市に移り住み、自立することを願う主人公「僕」と、東京都中野区野方に住み、猫と話ができる不思議な老人、ナカタさんに次々と起こる、または過去に起こった出来事をパラレルに追う構成となっている。 主人公の「僕」は15歳の誕生日に家出をして、「世界で最もタフな15歳になる」ことを決意し、四国へと向かう。そこで「僕」は父親にかけられた呪いについて立ち向かうことになる。 一方、もうひとつの物語では60年ほど前に起きた、戦時下の「ある奇妙な事件」についての文書が公開される。様々な当時の関係者がそれぞれの立場から意見を述べることにより、その事件の実態が浮き彫りとなっていく。そして証言者の一人の思いがけない告白に、真相もより明らかになってゆく。 「僕」が家出をした同じ頃、東京都の補助で暮らしているナカタさんは迷い猫の捜索を引き受けるが、その後、事態は思いがけない方向へと向かう。 2つの物語はやがて「入り口の石」につながってゆく。...

3作目の長編小説として文芸誌『群像』1982年8月号に掲載され、1982年10月に単行本化。1985年に文庫化、2004年に改訂版が出版された。 「僕と鼠もの」シリーズの第3作。村上春樹がジャズ喫茶「ピーター・キャット」をやめ、専業作家として初めて書いた小説。1981年10月に北海道取材旅行を行った後、千葉県の習志野にあった自宅で、約4ヶ月間集中的に第一稿を書き上げた。この作品以降、書き下ろしが中心となる。「僕と鼠もの」シリーズの完結作だが、後に更なる続編(実質的に完結編)である『ダンス・ダンス・ダンス』を発表している。 2002年時点までに、単行本・文庫本を合わせて247万部が発行されている。  1978年9月。「僕」の新しい「ガール・フレンド」は、「僕」に不思議な予言を告げる。「羊をめぐる冒険」が始まると。 「僕」が「相棒」と共同経営している広告代理店に、大物右翼「先生」の秘書が現われた。彼は「特別な羊」を探せと、「僕」を脅迫する。その「羊」は、「僕」の会社で編集したPR誌上の風景写真に、偶然 写っていたのだった。 「羊」が写っている写真は、「僕」の友人である消息不明の「鼠」によって、北海道から送られてきたものだった。「僕」は会社を辞め、「ガール・フレンド」とともに「羊」の手がかりを求め、「鼠」を探しに北海道へ渡る。...

デビュー作『風の歌を聴け』から9箇月後、文芸誌『群像』1980年3月号に発表された。第83回芥川賞候補作。同年6月に単行本化された。「僕と鼠もの」シリーズの第2作。Pinball, 1973のタイトルで英訳版も発行されている。タイトルは大江健三郎の『万延元年のフットボール』のパロディである。 1973年9月に始まり、11月に終わる、「僕」の話であるとともに友人の「鼠」の話で、ピンボールについての小説という形をとる。第1章から第25章まで、「僕」の物語の章と鼠の物語の章に分かれ、二つの物語系列がパラレル(平行)に進行していく。 村上は当初、小説をリアリズムで書こうとしたが挫折し、「鼠」の章のみリアリズムで書いたと述べている。...

本作は幼年時代から中年時代まで、一人の主人公の人生を丁寧に追っており、バブル絶頂期(1988年 - 1989年頃)の東京が主な舞台となっている。 僕(ハジメ)は一人っ子という育ちに不完全な人間という自覚を持ちながら育つが、成長と共にそれを克服しようとする。結婚、「ジャズを流す上品なバー」経営の成功などで裕福で安定した生活を手にするが、「僕」の存在の意味を改めて考える。そんな時にかつて好きだった女性が現われて―。...

この小説は村上自身が語るように、彼の文体の総決算として、あるいは総合的実験の場として一部機能している。その結果、次回作の『海辺のカフカ』では、村上春樹としては、かなり新しい文体が登場することになった。 第11章、文中にゴシック体で出てくる「理解というものは、つねに誤解の総体に過ぎない」(文庫版、202頁)という言葉は村上の「世界認識の方法」(同頁)を表している。  「ぼく」の大切な友人である「すみれ」は、いささか変な女の子だった。話し方はいつも怒っているみたいだし、22歳にもなって化粧品一つ持っていなかったし、女の子らしい服もほとんど持っていなかった。それに、ジャック・ケルアックの小説に憧れて、よりワイルドでクールで過剰になろうと髪の毛をくしゃくしゃにしたり、黒縁の伊達眼鏡をかけて睨む様にものを見たりした。 ぼくは、すみれに恋をしていたけれど、自分の気持ちを伝えることが出来なかった。なぜなら、すみれ自身は恋をしたことがなかったし、恋をしたいと思ったこともなかったから。ぼくは、すみれに奇跡的に天啓的な変化が起きる事を願いながら、日々の生活をおくっていた。 ところが、すみれが22歳の春、彼女は突然恋をした。相手は17歳も年上で、しかも女性だった。ぼくが望むものか どうかはとりあえずとして、天啓はおりた。すみれの恋は生まれ、物語は始まる。未知の恋はすべてを巻き込み、破壊し、失いながら進んでゆく。...

俗に言う鼠三部作の続編。よって作中の「僕」は『風の歌を聴け』の主人公と同一人物。他の村上作品と同様、翻訳多数あり。 やや抽象的・奇抜な表現や台詞の多かった前三作に比べて作風はずいぶんと変わり、活字の量・物語性が増している。ただし、村上自身は前三作同様に自由に書いたものであるとしている。また、それまでの村上作品に一貫したテーマである、資本主義の高度発展への社会批判、空虚感と孤独感が特徴として挙げられる。 『ノルウェイの森』がザ・ビートルズの曲名であるのと同様に、『ダンス・ダンス・ダンス』もアメリカのバンド、ザ・ビーチ・ボーイズのヒットソング名でもある。村上本人はこの小説のタイトルの由来について、「どちらでもいいようなものだけど」と前置きしつつも、「ザ・デルズ (en:The Dells)という黒人バンドの曲名から取った」と述べている。これは、村上が渡欧前に日本で作り持って行った自作オールディーズテープに偶然入れていて、なんとなく聴いているうちに題名に使うことを思い立ったとのことである。 この作品の英語翻訳は、未成年の飲酒・喫煙のシーンや、文化的に英語圏の人間にはわかりづらい箇所、ボーイ・ジョージに関する描写などが諸々の理由からカットされている。  1983年。フリーのコピーライターとして「文化的雪かき」に従事する「僕」は、何かに呼ばれているような焦燥を感じていた。それを確かめるためには、もう一度「いるかホテル」に戻らなければならない。そこでは誰かが「僕」を求め、「僕」のために涙を流しているのだ。...

1991年、村上がプリンストン大学に客員研究員として招聘された際、滞在1年目に1部と2部が執筆された。その後、加筆と推敲をあわせて、第3部までが出版されるまでに4年半の歳月が費やされている[1]。村上の小説としては初めて、戦争等の巨大な暴力を本格的に扱っている。 2002年時点で、単行本・文庫本を合わせて227万部が発行されている。  「第1部 泥棒かささぎ編」と「第2部 予言する鳥編」は本編の始まる前にそれぞれ、 「一九八四年六月から七月」、「一九八四年七月から十月」と記されている。ただし、第1部の第1章「火曜日のねじまき鳥、六本の指と四つの乳房について」と第2章「満月と日蝕、納屋の中で死んでいく馬たちについて」は、物語全体の前奏曲のように、「僕」が30歳になったことを機に、「四月のはじめにずっとつとめていた法律事務所を辞めて一週間ばかりたった頃から」の回想シーンとなっている(p. 14、p. 43)。 「第3部 鳥刺し男編」では本編の前に明示的な記載はないが、第3章の「冬のねじまき鳥」で第2部終了以降、すなわち1984年10月からの出来事がダイジェスト的に叙述され、実際に物語が動き出すのは第4章「冬眠から目覚める、もう一枚の名刺、金の無名性」の85年3月半ばからである。 物語の終わりは、第38章「アヒルのヒトたちの話、影と涙」で、「路地」で「僕」が出会った頃は16歳だった笠原メイの17歳時の手紙の内容と最終章である第41章「さよなら」における笠原メイとの再会の記述から1985年12月であることがわかる。さらに最終章ではクミコの初公判が1986年春頃にあることが示唆される。  ...

2004年9月7日、講談社より書き下ろし長編小説として発刊、2006年9月15日には文庫版が発行された。キャッチコピーは「新世界へ向かう村上小説」。 作中には村上が表現する、深夜の都会という「一種の異界」が描かれている。全18章において、具体的に23時56分から6時52分まで、一夜の不可逆的な時間軸の出来事として(各章、および物語の中にアナログ時計が描かれ、それぞれの物語の開始の時間を示している)、三人称形式と共に、「私たち」という一人称複数の視点から複数の場面(マリ、エリ、高橋、白川、カオルなどの様子)を捉えつつ物語は進む。しばしばその「私たち」は自意識を持つ語り手となるのが特徴である。  何かをやり過ごそうとするように真夜中の街に留まる少女・浅井マリと、静かに純粋に眠り続ける浅井エリ、物語は主にこの二人を巡る視点を軸に展開される。 「私たち」は真夜中のデニーズで、浅井マリがひとり熱心に本を読んでいる姿を見つける。そこに彼女を知る青年・タカハシが声をかけてくる。 一方、暗い部屋の中でひとり眠り続ける、マリの姉エリ。その部屋の片隅にあるテレビが、0時ちょうどになった瞬間奇妙な音を立て始め、そして不可解な映像を映し出す。...

10

1Q84

本書は村上春樹の新作書き下ろしとして新潮社から刊行され、2010年4月までに3部が出版されている。第1部(Book 1)と第2部(Book 2)が2009年5月27日に東京都心の大型書店で先行発売、同29日に全国で発売された。その後、第3部(Book 3)が2010年4月に発売された。Book1とBook2が2009年11月に第63回「毎日出版文化賞 文学・芸術部門」を受賞した。元々第3部(Book 3)は、当初2010年夏に出版される予定[1]となっていたが、その後、予定は早められて2010年4月16日に発売された。  執筆の動機として、ジョージ・オーウェルの近未来小説『1984年』を土台に、近過去の小説を書きたいと以前から思っていたが、それとは別に、地下鉄サリン事件について『アンダーグラウンド』と『約束された場所で』に書いた後も、裁判の傍聴を続け、事件で一番多い8人を殺し逃亡した、林泰男死刑囚に強い関心を持ち、「ごく普通の、犯罪者性人格でもない人間がいろんな流れのままに重い罪を犯し、気がついたときにはいつ命が奪われるかわからない死刑囚になっていた——そんな月の裏側に一人残されていたような恐怖」の意味を自分のことのように想像しながら何年も考え続けたことが出発点となった。そして「原理主義やある種の神話性に対抗する物語」を立ち上げていくことが作家の役割で「大事なのは売れる数じゃない。届き方だと思う」と述べた。  ...

ノーベル賞最有力候補・村上春樹の作品に投票するスレッド

(CNN) スウェーデン・アカデミーが11日に今年のノーベル文学賞を発表するのを前に、文学賞の有力候補として村上春樹氏らの名前が浮上している。

・・・みたいなニュースが毎年流れますが、
そんなの関係抜きにして、村上春樹さんの作品でどれが好きか教えてください!
開催状況 開催中
開催期間 2012年10月12日 00:00 〜
無期限
カテゴリー カルチャー > 小説
投票権利者 Twitter Facebook
投票総数 36
候補の追加・編集 すべてのユーザーに許可
投票できる回数 3
再投票
作成者 非公開
公開日時 2012年10月11日 20:19
最終更新日時 2016年11月13日 21:54
  • 風の歌を聴け

    これだろ!どう考えても。

この投票板を見た人はこんな板も見ています

  • 『リトルバスターズ!』キャラクター人気投票!

    『リトルバスターズ!』キャラクター人気投票!

    開催期間 |
    2012.12.05 - 無期限
    read more...
  • 人気歌い手さん投票 第二弾

    人気歌い手さん投票 第二弾

    開催期間 |
    2014.08.07 - 無期限
    read more...
  • 【頂上】ランカ・リー VS シェリル・ノーム どっちが好き?【決戦】

    【頂上】ランカ・リー VS シェリル・ノーム どっちが好...

    開催期間 |
    2012.10.20 - 無期限
    read more...
  • 【金爆】ゴールデンボンバーメンバー人気投票

    【金爆】ゴールデンボンバーメンバー人気投票

    開催期間 |
    2012.12.07 - 無期限
    read more...
  • 【ジブリ飯】もっとも美味しそうなジブリに出てくるごはんランキング

    【ジブリ飯】もっとも美味しそうなジブリに出てくるごはんラ...

    開催期間 |
    2012.12.09 - 無期限
    read more...
  • ワンピース・麦わらの一味限定キャラクター人気投票

    ワンピース・麦わらの一味限定キャラクター人気投票

    開催期間 |
    2012.10.24 - 無期限
    read more...

この板へのコメント

  • コメントはまだありません。

コメントを残すには、ログインしてください。

  • シンセVSロック どっち派? 国民調査
  • sasakure.UK『トンデモ未来空奏図』全曲公式人気ランキング
  • ゲンロンサマリーズ
  • アニメ映画「ねらわれた学園」キャラクターランキング
  • 電子工作コンテスト2012 応募作品インターネットファン投票

ソーシャルアカウントをフォローすると
最新のランキング情報がチェックできます!