無期限受付中
シャッフル
カテゴリその他 > その他
155votes
  • tw
  • fb
あと 3回投票できます

脳に直接、膨大な数のマイクロマシンを注入し、神経細胞とマイクロマシンを結合させ、電気信号をやりとりすることで、マイクロマシン経由で脳と外部世界を直接接続する技術。これによって、ロボットなどのメカニックを直接操作したり、電脳ネット(作中におけるインターネットのようなもの)などのネットワークと直接接続したりできる。その結果、あらゆる情報がリアルタイムで検索・共有可能になり、完璧なユビキタスネットワークを構築した。可視化されたネットワーク上にあたかも自分が入り込んだかのように様々なネットワークを自由に行き来できるようになる。  現在のインターネットのように、ダウンロードにより情報を手元に引き寄せるのではなく、電脳空間と呼ばれる仮想空間や他者の電脳などの情報源に、自らの意識が入り込むことによって情報を得ることから、ネットワーク等にアクセスすることを作中では「ダイブ(dive)」と表現する。  電脳化した者同士であれば、有線・無線を問わず他者との通信が行える他、自分の視覚情報や触覚、さらには感情まで相手に伝えることができる。相手との極めて正確な意思疎通や、記憶装置を外部に設けて必要な情報や自己の記憶を保存して再利用することも可能である(作中では外部硬電脳と表記されている)。一方、S.A.C. Solid State Societyにおいて、バトーがアフリカから帰還したばかりのサイトーと交わした会話の中で、明らかに誤った単語を用いている点に着目すると、人らしさの象徴とも言える「ヒューマンエラー」を防止するプロセッサは組み込まれていないと考えられる。ここから電脳倫理下における電脳は、主体的存在である「ゴースト」の意志に対して、たとえそれが誤りであっても不介入であるということが定義できる。...

一万年後に目覚めたり。

比較的近年の作品に登場するものとして、フィリップ・K・ディックのSF作品に登場する「ジャンプスーツ」や、ウィリアム・ギブスンの作品中に登場する「擬態ポリカーボン」など、また戦艦サイズでは『スタートレック』に登場する宇宙戦艦用の遮蔽装置や、映画『アイ・スパイ』でテロリストとの取引に利用される戦闘機に施した視覚的ステルス、ゲーム「メタルギアソリッド」シリーズに登場するステルス迷彩、等の例があげられる。映画『プレデター』では、作中に登場する宇宙人種族プレデターが地球を凌ぐ科学技術として光学迷彩を使用し、これにより追い詰められ、抵抗し戦う地球人たちのドラマが主題の一つとなっている。  他にも、ドラえもんが取り出す道具の中にも幾つかの(しかも全く別個の用途とそれに見合った仕掛けを持つ)アイテムとして登場している。例えば、「透明マント」などは、魔法・科学(前者は『ハリー・ポッター』、後者は『ドラえもん』)の両面の物語で登場する。...

主に「生命とは何か」という哲学的な命題に端を発する学術分野で、研究対象は大まかに、コンピュータ上に形成されるソフトウェア、既存の細胞機構に類似した機構を採用したウェットウェア、機械類で形成されたハードウェアの存在様式が想定されている。  個体生命が集合して、初めて生命として機能するという生態系的なアプローチも多く、その一方では細胞レベルの単細胞生物の集合体である個体を創造するアプローチも存在している。  これらアプローチは、既存の生命機構を抽象化した上で、何らかの人工物にその行動様式や機能を模倣させて、その振る舞いを研究したり、単純な機能セットを構築した上で組み合わせて個体として機能しうるか?というものであるが、さらにはそれら「個体」を集団として、生態系を構築する試みもなされている。  現在、器官を持つような多細胞生物を生み出すことはできないが、外部からのエネルギーを得て、自分の構成要素を環境から取り入れ、自己複製的に分裂するものの研究が進んでいる。将来的にはナノマシン技術の1つとして、特定の機能を持たせた人工単細胞生物による医療分野における活躍が期待されているほか、特定の物質を分解ないし無毒化する機能を持つ人工微生物による環境保全や、所定の分子構造を持つ生産物(燃料用アルコールから医薬品まで様々)をもたらすことも期待されている。  2003年の段階で塩基配列より人工ウイルスを約2週間で合成することに成功している。ただしウイルスは他の生物細胞内に侵入して自身の複製を行わせないと増殖できないため、生命の範疇に含めるかどうかには議論の余地がある。これは米代替バイオエネルギー研究所が1200万ドルの予算で2002年から行っている研究の一端で、5386塩基対を持つものであった。...

SF小説では1865年にジュール・ヴェルヌによってDe la Terre a la Lune(「地球から月へ」という意味の題名。日本語訳『月世界旅行』)が書かれ多くの読者を得た。様々な派生作品も生まれた。  もしも、(出資者が誰であれ、また意図が何であれ) “人類が宇宙を旅する” という広義の宇宙旅行まで含めるならば、1961年4月12日ソ連のユーリイ・ガガーリン少佐がボストーク1号に乗り地球を1周する108分の旅(初の有人宇宙飛行)を行い「地球は青かった」という言葉を残したことも挙げられようが、これはあくまで国家政策によって行われた宇宙開発であり、その後にソ連および米国の宇宙開発によって行われた一連の有人宇宙飛行も同様であり、本記事が指す「宇宙旅行」とはいささか意味が異なっている。  個人的な関心によって行われた初の旅行費用自己負担の宇宙旅行は2001年に米国の大富豪がソユーズの定期便に乗せてもらう形で実現した。  間人が全額自己負担で宇宙旅行に旅立った世界初の例は、スペースアドベンチャーズ社がロシア宇宙局と契約を仲介することで実現したアメリカの大富豪デニス・チトーによるものである。彼は国際宇宙ステーション(ISS)に人員と物資を補給するソユーズの定期便でロシアから旅立ち、2001年4月28日から5月6日までISSに滞在した。それに続き、2002年には南アフリカ共和国の実業家マーク・シャトルワースが宇宙旅行を実現している。コロンビア号の事故からも分かるように2000年代においても宇宙開発には危険が伴い、気軽に民間人が宇宙旅行をする時代が来ているとは言い難い。...

地上から静止軌道以上まで延びる構造物(塔、レール、ケーブルなど)に沿って運搬機が上下することで宇宙と地球の間の物資を輸送できる。動力を直接ケーブル等に伝えることで、噴射剤の反動を利用するロケットよりも安全に、かつ遥かに低コストで宇宙に物資を送ることができる。  かつては軌道エレベータを建設するために必要な強度を持つ素材が存在しなかったため、軌道エレベータはSF作品などの中で描かれる概念的な存在でしかなかった。その後、理論的には必要な強度を持つものとしてグラファイト・ウィスカーなどが発見され、さらに20世紀末になってカーボンナノチューブが発見されたことにより、その早期の実現を目指した研究プロジェクトが発足している。  概念としては、静止軌道上の人工衛星を、重心を静止軌道上に留めたまま地上に達するまで縦長に引き伸ばし、そのケーブルを伝って昇降することで、地上と宇宙空間を往復するのを想像すれば良い。全体の遠心力が重力を上回るように、反対側にもケーブルを伸ばしたり、十分な質量を持つアンカー(いかり)を末端に設ける。ケーブルの全長は約10万kmで、下端(地上)、静止軌道、上端の三ヵ所に発着拠点が設けられる。上端の移動速度はその高度における脱出速度を上回っているため、燃料なしでも地球周回軌道から脱して惑星間空間に飛び出すこともできる。  エレベータという呼称が使われているが、ケーブルを介して籠を動かすのではなく固定された軌道を伝って籠が上下に移動する。ケーブルは下に行くほど重力が強まり遠心力が弱まる一方、上に行くほど重力が弱まり遠心力が強まる。したがってケーブルのどの点においても張力がかかる。その大きさは、その点より上の構造物に働く重力と遠心力の絶対値の差である。荷物を上げ下げする際にコリオリ力が発生するが、地球につなぎ止められているため全体が逆さの振り子のように働き、元の位置を自然に維持する。...

細胞レベルの超精密機械(?)が体を自動的に治療してくれたり。

英語では浮上可能な自動車全般を指してflying carと表現される。この中には空陸両用の軽飛行機との見方ができるものも含まれている。  また、SF作品などに登場する空気の力で浮上する車はエアカー(aircar)とも呼ばれる。ただし、エアには「空中」、「空」という意味もあるので、浮上が空気によるものとは限らずスカイカーと同義で使われる場合もある。...

本来受精卵の遺伝子操作は遺伝的疾病を回避することを主目的に論じられてきたが、親の「より優れた子供を」「思いどおりの子供を」という欲求に従い、外見的特長や知力・体力に関する遺伝子操作も論じられるようになってきた。しかし、子どもが特定の性質を持つように事前に遺伝子を設計することは、技術的にも倫理的にも強く問題視されている。  フィクションの影響で、デザイナーベビーは先天的に高い知力・体力を保有すると思われがちである。しかし、実際にはあくまでも子供が持つであろう能力のポテンシャルを若干向上させるだけであり、生まれ付きの高い知力・体力や将来の劇的な能力向上を期待出来る訳ではないとする見方が21世紀初頭現在の段階では一般的である。  クローン人間とは異なり、デザイナーベビーを産み出すためにクローン技術は必ずしも必要ではない。  骨髄移植のために、白血病の子供と白血球の型が一致する受精卵を選択する目的で着床前診断がおこなわれているが、受精卵の遺伝子が操作されることはなく、デザイナーベビーと直接的な関係は無い。  通常の文脈では人間以外の生物の遺伝子を導入すること、まったく新規の遺伝子をデザインし埋め込むことといったSFレベルの超技術はデザイナーベイビーの概念に含まれない場合が多い。一例、デザイナーベイビーの技術を解禁すべきと主張する者はいるが、そのレベルの遺伝子改造を許可すべきと主張する者はそれよりはるかに少ない。しかしこれらの作品にはその類も含まれることに留意すべきである。...

『新スタートレック』以降のシリーズの遮蔽装置は重力レンズ効果を用いたものである。簡単に説明すると、宇宙船を覆う閉曲面に入射してくる素粒子や可視光線を含む電磁波などを、重力波からなる閉曲面に沿って正確に誘導し、反対側に放つ。これにより、光が遮蔽したものを素通りしたかのように見える、つまり、閉曲面の内側の宇宙船が見えなくなるという仕組みである。しかし、比較的初期のものは精度が低く、背後の天体などがゆがんで見えてしまう問題があり、映像で外部の景色を確認することにより、見破ることも出来た。  遮蔽している宇宙船自身から放出される電磁波は、閉曲面の内側で反射し続けることによって、外側に漏れ出ないようにする。しかし、このままでは宇宙船から放出される熱も閉曲面内にこもり、内部は蒸し風呂状態となるという問題点が出てくる。この問題は、船体表面を緑色に塗装することによって、気付かれないほど少しずつ放熱できるということが判明し解決したとされている。  このような遮蔽プロセスからも分かるように、遮蔽装置には大量のエネルギーと精密なコンピュータ制御が必要である。さらに、遮蔽中は基本的に武器の使用はできない、遮蔽開始時と解除時には防御シールドを一時的に解除しなければならないなどといった問題もある。...

実現・実用化してほしい未来技術は!?

フィクション、SF作品の中では多くの魅力的な未来技術が描かれています。
あなたが使ってみたい・見てみたい未来技術はなんですか??
開催状況 開催中
開催期間 2012年10月29日 17:00 〜
無期限
カテゴリー その他 > その他
投票権利者 Twitter Facebook
投票総数 155
候補の追加・編集 すべてのユーザーに許可
投票できる回数 3
再投票
作成者 非公開
公開日時 2012年10月29日 16:28
最終更新日時 2016年09月27日 02:16
  • フライング・カー(空飛ぶ自動車)

    絶対に欲しいし、もう、そう遠くないと思えるので。
    yassan78さん
  • 電脳化

    記憶力がクソなのでハードディスクにお任せしたい

この投票板を見た人はこんな板も見ています

  • ハーゲンダッツで一番好きな味

    ハーゲンダッツで一番好きな味

    開催期間 |
    2012.08.16 - 無期限
    read more...
  • 絶対に折れない死亡フラグ

    絶対に折れない死亡フラグ

    開催期間 |
    2012.10.24 - 無期限
    read more...
  • 【画像】有名美人コスプレイヤーまとめ人気投票!

    【画像】有名美人コスプレイヤーまとめ人気投票!

    開催期間 |
    2012.12.19 - 無期限
    read more...
  • 中二感のほとばしる言葉

    中二感のほとばしる言葉

    開催期間 |
    2012.11.24 - 無期限
    read more...
  • HUNTER×HUNTERで1番好きなキャラ!!

    HUNTER×HUNTERで1番好きなキャラ!!

    開催期間 |
    2014.03.30 - 無期限
    read more...
  • 「電機メーカー」といえば?

    「電機メーカー」といえば?

    開催期間 |
    2012.02.16 - 無期限
    read more...

この板へのコメント

  • コメントはまだありません。

コメントを残すには、ログインしてください。

  • シンセVSロック どっち派? 国民調査
  • sasakure.UK『トンデモ未来空奏図』全曲公式人気ランキング
  • ゲンロンサマリーズ
  • アニメ映画「ねらわれた学園」キャラクターランキング
  • 電子工作コンテスト2012 応募作品インターネットファン投票

ソーシャルアカウントをフォローすると
最新のランキング情報がチェックできます!