無期限受付中
シャッフル
178votes
  • tw
  • fb
あと 3回投票できます

前作『序』がTVシリーズ第壱話から第六話までのストーリーをほぼ踏襲していたのに対し、本作ではTVシリーズや旧劇場版には登場しない新たな登場人物、エヴァンゲリオン、使徒などが登場、新たな謎も加わり、『新劇場版』独自のストーリーを展開していく。本作のストーリーも、当初はただの『総集編』で、監督の鶴巻和哉によれば「別に言うほど『破』じゃない」ものであったが、前作『序』が公開(2007年9月)された後に、総監督庵野秀明の意向によりシナリオが見直され、当初は『声も出さなくていいというくらい』であったマリの出番が増えるなどの変更がなされた。また、アスカとレイがネルフ本部内のエレベーターで乗り合わせる場面(TVシリーズ第弐拾弐話、ただし会話の内容等はアニメ版と大きく異なる)など、第弐拾話以降のエピソードも取り入れられた形となっている。  作画に関しても、『序』では大半がTVシリーズから原画やタイムシート等の素材を使用していたのに対し、本作ではほぼ全編にわたって完全新規に描き下ろされている点も特徴として挙げられる。そのため『序』では「リビルド」を強調していたのに対し、本作ではあまり使われていない。  庵野は、自身がこれまで作り上げてきたエヴァの世界を、自分では「破壊」しきれないとして、「破」というサブタイトルを象徴する新キャラクター・マリを演じる坂本真綾との打ち合わせの際も、マリに関するより詳しいディレクションは監督の鶴巻に任せている。...

1995年秋から1996年春まで放送された同テレビアニメシリーズ、『新世紀エヴァンゲリオン』の第弐拾伍話と最終話をリメイクし、完全新作として上映されたものである(テレビシリーズとは区別するために話数はアラビア数字表記にされ、アイキャッチ画面ではそれぞれepisode 25'、ONE MORE FINALと表示された)。本作をもって『新世紀エヴァンゲリオン』は完結を迎えた。  当初は1997年春の『新世紀エヴァンゲリオン劇場版 シト新生』で完結する予定だったが、『REBIRTH』編の制作が間に合わなかったために途中までの公開となり、同年夏に本作が公開されることとなった(詳しい経緯は『新世紀エヴァンゲリオン劇場版 シト新生』を参照のこと)。なお『REBIRTH』で公開されていた部分についてはアフレコ、SE、BGMの録り直しや、画面上での若干の修正、追加が行われている。  第25話『Air』は、劇中BGMに使われているヨハン・ゼバスティアン・バッハ作の『管弦楽組曲第3番第2曲』の「アリア」(Air) から。また第26話『まごころを、君に』は、 ダニエル・キイスの著作『アルジャーノンに花束を』が映画化された時の邦題「まごころを君に」から。  ちなみに、2003年に発売されたテレビアニメ版リニューアルDVDの7巻と8巻には映像特典としてそれぞれ『Air』と『まごころを、君に』のテレビ版次回予告を模した映像が収録されている。  前売り券はオリジナルポスターが付いたものが発売された。また『シト新生』の前売り券も、未使用のものに限り使用可能な措置がとられた。  公開2日前の7月17日には、よみうりホールにてテレビ東京系列試写会が開催された。  1997年度日本アカデミー賞話題賞を受賞。  なお、この作品がテレビ東京が最後に制作したエヴァシリーズ作品である。...

スタッフ   原作・脚本・総監督:庵野秀明  監督:摩砂雪、前田真宏、鶴巻和哉  主・キャラクターデザイン:貞本義行  主・メカニックデザイン:山下いくと  総作画監督:本田雄  作画監督:林明美、井上俊之  特技監督:増尾昭一  副監督:中山勝一、小松田大全  総演出:鈴木清崇(タツノコプロ)  色彩設定:菊地和子(Wish)  美術監督:加藤浩(ととにゃん)、串田達也  CGI監督:鬼塚大輔、小林浩康  撮影監督:福士享(T2スタジオ)  編集:李英美  音楽:鷺巣詩郎  制作:スタジオカラー  共同配給:ティ・ジョイ、カラー  宣伝:カラー  製作:カラー ...

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』シリーズ第1作目として制作された本作は、基本的にTVシリーズの第壱話から第六話までのストーリーを踏襲しているが、製作サイドは新劇場版に関して「リメイク」という言葉は用いず、ガイドブック等で「リビルド(再構築)」であると解説している。また、『新世紀エヴァンゲリオン』の制作母体であったGAINAXは原作協力としてクレジットされるのみにとどまり、同作の監督であった庵野秀明によって新たに興されたスタジオカラーによって制作された。ただしGAINAXのスタッフをはじめとする前作の主要スタッフは、今作でも引き続き制作に関わっている。  TVシリーズの原画、動画やタイムシートを素材として再利用しているものの、絵は全て新たに描き直され、そのままの絵は1枚たりとも使っていない。また全編にわたってデジタル撮影や3DCGが使われて、映像の再構築が行われている。エヴァや使徒の形態、渚カヲルの早い段階での登場など、設定や演出の変更もみられる。また、登場人物の立場や性格の描写にもわずかな変更が加えられている。  エンドクレジットの後に、TVシリーズ予告パートを模した、次作『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』の予告編が上映された。...

主人公たちの内面を描いたTVシリーズ第弐拾伍話と最終話の2話は、これまで張られていた伏線や謎の回収を完全に放棄しており、一般的な作劇の方法から見れば物語の完結と言えるものではなかった。  そのためTVシリーズ放映終了1ヶ月後の1996年4月に、最終2話は当初の脚本に沿った形でリメイクし、既に順次発売されていたVHSとLDでソフトとして発売すること、次いで最終2話のリメイクとは別の完全新作の劇場版の制作・公開が発表された。その後この二つの企画は連動し、1996年11月1日に東京都内において記者会見が開かれ、そこで1997年春にTVシリーズの総集編とリメイク版第25話・26話をセットにした完結編『新世紀エヴァンゲリオン劇場版 シト新生』が、同年夏には完全新作の劇場版が公開されることが発表された。  前売券発売開始日の1996年11月23日には、早朝からオリジナルテレホンカード付きの前売券を購入するファンが行列を作り、一般メディアでも報道された。一説によると映画公開前には前売り券は20万枚以上売れ、当時の前売り券の日本記録を更新したとされる。  しかし、『REBIRTH』編の制作が1997年春の公開に間に合わないことが判明し、映画公開1か月前の1997年2月14日に緊急記者会見が開かれた。その席上で総監督の庵野秀明が謝罪を行い、春の映画では『DEATH』編と制作途中の『REBIRTH』編が公開され、夏に完全版『REBIRTH』編となる『新世紀エヴァンゲリオン劇場版 Air/まごころを、君に』が公開されることが発表。すでに販売されていた春の映画の前売り券は、未使用のものに限り夏の映画でも使えるとの措置がとられた。また、同じく夏に公開が予定されていた「完全新作の劇場版」はお蔵入りとなり、それに相当するものは10年後の2007年に公開された「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」まで待つことになった。 ...

ヱヴァンゲリヲン新劇場版+旧劇場版で一番好きなエピソード教えて

『Q』公開記念!ということで。
アスカたんhshs^q^
開催状況 開催中
開催期間 2012年11月17日 00:00 〜
無期限
カテゴリー カルチャー > アニメ
投票権利者 Twitter Facebook
投票総数 178
候補の追加・編集 すべてのユーザーに許可
投票できる回数 3
再投票
作成者 非公開
公開日時 2012年11月16日 02:12
最終更新日時 2017年08月12日 16:39

この投票板を見た人はこんな板も見ています

  • ダークヒーロー人気決定戦

    ダークヒーロー人気決定戦

    開催期間 |
    2012.11.19 - 無期限
    read more...
  • 野球漫画ランキング!!

    野球漫画ランキング!!

    開催期間 |
    2012.12.27 - 無期限
    read more...
  • 魔導冒険奇譚『マギ』キャラクター人気投票

    魔導冒険奇譚『マギ』キャラクター人気投票

    開催期間 |
    2012.12.18 - 無期限
    read more...
  • 『僕は友達が少ない』キャラクター人気投票

    『僕は友達が少ない』キャラクター人気投票

    開催期間 |
    2013.03.01 - 無期限
    read more...
  • 男性声優 人気投票!!

    男性声優 人気投票!!

    開催期間 |
    2014.08.07 - 無期限
    read more...
  • 『魔法少女まどか☆マギカ』人気キャラ投票

    『魔法少女まどか☆マギカ』人気キャラ投票

    開催期間 |
    2013.11.02 - 無期限
    read more...

この板へのコメント

  • コメントはまだありません。

コメントを残すには、ログインしてください。

  • シンセVSロック どっち派? 国民調査
  • sasakure.UK『トンデモ未来空奏図』全曲公式人気ランキング
  • ゲンロンサマリーズ
  • アニメ映画「ねらわれた学園」キャラクターランキング
  • 電子工作コンテスト2012 応募作品インターネットファン投票

ソーシャルアカウントをフォローすると
最新のランキング情報がチェックできます!