無期限受付中
シャッフル
1265votes
  • tw
  • fb
あと 3回投票できます

アカギ  白髪の博徒。才知・直感・運気・精神力などギャンブルで勝つために必要な要素全てが超人的なレベルに達している孤高の天才として描かれている。  「雨降る場末の雀荘に迷い込んだひとりの少年。それまでの短い人生をいやが応にも人に想像することを強いる真っ白な髪、その目は底なしの闇」と『アカギ』の1巻で言及されているように、もっとも若い登場シーンは13歳(1958年)であるが、そのころからすでに白髪であった。  常識や損得や生死に囚われず、勝負そのものや信念の貫徹を希求する赤木しげるの姿勢は、大金や生存を目的とする極限の勝負を描くことの多い福本作品の中において異彩を放つものとなっている。...

コードギアス 反逆のルルーシュ  17歳の時、賭けチェスの帰りにテロリストのゲットー襲撃に巻き込まれ謎の少女C.C.と出会い、彼女から異能の力・ギアスを授けられたことをきっかけに、素顔を仮面とマントで隠したテロリスト・「ゼロ」として、私設軍隊「黒の騎士団」を結成し、ブリタニア帝国に反逆を引き起こす。自分たちのことを「武器を持たない者の味方」と標榜したが、目的のためには手段を選ばない非情な作戦も数多く行った。  マオとの対決などの事態には冷静さを失う事も多々ありながらも、黒の騎士団結成後着々と勢力を拡大し独立国家建設を目指していくが、異母妹ユーフェミアの「行政特区日本」設立宣言により窮地に立たされる。  ユーフェミアを陥れようとするも、彼女の真意を聞き和解を決意するが、その矢先に知らぬ間に暴走したギアスにより、例えとして冗談で口にした「日本人を殺せ」という命令がユーフェミアにかかったことで、日本人虐殺の惨劇を生み出してしまう。事態を収拾するため、ユーフェミアを殺したことでスザクと決別、民衆の前で「合衆国日本」の設立を宣言した後、決起したイレヴンの暴徒を吸収した黒の騎士団を率いてブラックリベリオンを引き起こす。しかし戦闘の最中にナナリーがV.V.にさらわれたため、指揮を放棄して神根島に向かう。神根島まで追ってきたジェレミアをC.C.に任せ遺跡の内部へ進むが、そこで追ってきたスザクによって素顔を暴かれ、自分の理念と存在を否定したスザクと対峙する。...

とある魔術の禁書目録  学園都市最強の超能力者として位置づけられている少年。アレイスターは彼を自身の計画の核となる「第1候補(メインプラン)」としている。口調の長母音と「ん」がカタカナ(ァ・ィ・ゥ・ェ・ォ・ン)で表記される。  白い短髪と赤い瞳に中性的な体格で、整った顔の美少年。髪の色はその能力によって紫外線などを反射し色素を必要としていないから。体格もそれに関連して外部刺激を受けていないため、ホルモンバランスが崩れていることが原因であると自己解釈している。服装はシンプルかつ独特なデザインが特徴の、夏は黒地に白のラインが入った半袖Tシャツ、秋は白とグレーの縞柄の長袖Tシャツ、冬は白いコートを着ている。後述以降は首に黒いチョーカーが巻かれ、平時には常にロフストランドクラッチ式の現代的なデザインの杖をついている。  元はごく普通の少年だったが、10歳の頃に自分の能力が際限無く周囲を傷つけた件で自らの危険性を自覚した事を機に、他者へ感情を向ける事に非常に消極的になり、常に周りを拒絶する無関心で傍若無人な性格となる。一方で自身が最強の絶対能力者(レベル6)になることで周囲の人間を傷つけずに済むのではないかとも考える一面もあった。上条に敗北後に打ち止めと出会ってからは、彼女(及び「妹達」)を守るために行動しながら、徐々に他人への思いやりを示すようになっていく。今では妹達には詫びろうという一心でいる。何度も迷子になる打ち止めには嫌々付き合わされているように振る舞っているが、いの一番に打ち止め探しに行くという風に、一番彼女のことを大事にしている。  平時や冷静な状態ではクールでぶっきらぼうな言動だが、戦闘中に感情が昂ると凶暴な言動や残虐な戦い方をしたり、敵を痛めつける際に快楽を感じるような危うい面も見せる。表情も淡々とした無愛想な物やしかめっ面が多く、嗜虐的な笑み以外では笑顔は殆ど無い。...

デュラララ!!  5月4日生まれ。身長175cm、体重58kg。新宿を拠点に活動する情報屋。表向きの肩書きはファイナンシャルプランナー。眉目秀麗を具現化したような容姿に反し、中身は外道。人間を愛していると公言し、人間を観察するためなら普通は躊躇してしまうようなラインも平気で踏み越える。  好きな食べ物は調理者の個性が見える料理全般。嫌いな食べ物はレトルト、ジャンクフード。  自称21歳だが実年齢は23歳(物語開始時)。原作11巻現在では25歳である。 年齢詐称の理由は「迂闊に自分の情報を漏らさない為」。  基本的には頭脳労働タイプだが、運動神経は優れており、武器としてナイフを扱う。初めの頃は黒幕として池袋を引っ掻き回していたが、物語の進行に連れ、彼自身も事態に巻き込まれる事が増えてきた。  誰もが金や物、異性などの「何か」に執着を持つ事で人としての方向性が定まっていくが、彼の場合はそれが人類にとっては迷惑な事に「人間観察」に向いてしまった。この為、人間を分け隔てなく愛しているが、平和島静雄は例外であり犬猿の仲にして天敵である。  岸谷新羅とは中学入学時に知り合い、彼に加えて平和島静雄、門田京平らは高校時代の同級生。 友達は少なく、一人鍋をする事も辞さない。刺された甲斐もあって最近鍋仲間は出来たようだ。かろうじて唯一の友人と呼べる相手にこれまた変態の岸谷新羅がおり、彼が高校時代に臨也を評した言葉は「反吐が出る(褒め言葉)」であった。  前述のように平和島静雄とは互いに仇敵ともなっている存在で、高校生活の労力の半分は彼を潰すのに費やしていた様子。   身内には名前のセンス以外は至って真っ当な普通の両親と、彼ですら持て余す厨二病の妹が二人おり、意外にも二人を寿司屋に連れて行ったり、車に轢かれないように注意したりと兄として面倒を見ている様子も伺える。...

DEATH NOTE  警察庁幹部の父・総一郎、母・幸子と妹・粧裕(さゆ:中学生)の四人家族の長男。家族の愛情にも、経済的にも不自由しない家庭環境で生まれ育つ。内に秘めた正義感と、他の追随を許さない優秀な頭脳を自負している。世の中で起こり続ける悪行に、表立った行動はせずとも苛立ちとジレンマを感じていた中で、デスノートを拾い、その所持者である死神のリュークとの出会いをきっかけにその独善的な価値観と強い自己顕示欲を表面化していき、純粋だった正義感から歪んだものへと変化していく。特異で極端な自我の正義を疑わず、デスノートを使用し続ける。だが、最期には、松田に拳銃で撃たれてからはその冷静な性格も崩壊し、言動も乱暴になっていた(アニメ版では夕方の道を歩いている頃には直っている)。  一見完璧な優等生として穏やかに振る舞い、また周囲にもそう認知されている中で、思い通りにならない事には怒りを露わにする起伏の激しい面もあるなど説明しがたい複雑な性格である。その内にはキラとしての高慢かつ独善的な選民意識と冷酷非道さも併せ持ち、キラとしての思想に対する確信を最後まで貫き通す。リュークに「死神以上に死神らしい」、「悪魔」(実写映画における台詞)などと評され、死神・レムには、「死神を超えている」(実写映画版ではリューク同様「悪魔」)と言わしめるほどの策略家でもある。キラを死刑台に送ると宣言したLに強い対抗心を抱き、Lからは「私そっくりの稀に見る負けず嫌い」として認識されている。基本的に一人称は「僕」だが、実写映画版では「俺」と言うシーンもある。  高校在学中は全国模試で1位をキープし、さらに東応大学にも、Lと共に全教科満点で首席入学するなど、類い稀なる天才的な頭脳の持ち主。また、大変高度なクラッキング技能も持ち合わせている。...

『めだかボックス』 箱庭学園の第99代生徒会副会長。3年-13組の男子生徒。水槽学園からの転校生で-十三組の筆頭格。通称「負完全」。台詞に『』(二重鍵括弧)がついた「括弧付けた」口調で話す。口癖は「また勝てなかった」「僕は悪くない」。 めだか達と同じ箱舟中学校の出身。当時支持率0%で生徒会長に就任した。数ヵ月後にリコールという経歴をたどる間、自らにとって邪魔なものは阿久根に命じて破壊させていた。幼少時から退廃的思想・破滅願望を抱き、箱庭学園に転入する前は転校する先々の学校を潰してまわった。箱庭学園に転入後、十三組生を中心としたエリートを抹殺することを宣言した。...

新世紀エヴァンゲリオン  セカンドインパクトの際にダイブされたヒトの遺伝情報を基にアダムより生み出され、後にその肉体にゼーレが回収したアダムの魂を宿され、フィフスチルドレンとしてネルフに送り込まれた少年。データ上の生年月日はセカンドインパクトと同じ日で、その他の個人データは全て不明。常に微笑みを浮かべ、アッシュグレイの髪と赤い瞳、極端に白い肌を持つ美少年。プラグスーツの色は黒色。綾波レイの正体を知る人物であり、彼女の自爆などの影響で傷心の碇シンジに近づき魅了する。シンジに対しては好意を示し、人類全体に対する態度には人ならぬ者としての達観も見られる。レイに対しては外見上の共通点に加えて繋がりを示唆した。  その正体は第17使徒タブリス(新劇場版では第一の使徒アダムスの生き残り)である。  自身は攻撃能力を持たないが、強力なA.T.フィールドを展開し、空中を自在に浮遊できる。アダムの魂を持つがゆえ、魂さえ無ければアダムより作られたEVAならば同化し、自在に操ることができる。  EVA弐号機を遠隔操作してネルフ本部のターミナルドグマへ侵入し、アダムと接触を試みるも、そこにあるのがリリスであることを察知すると接触を中止。自ら望んでEVA初号機によって握殺され、その頭部はターミナルドグマ内のL.C.Lへと落ちていった。  旧劇場版において、量産型エヴァンゲリオンに使用されているダミープラグに「KAWORU」の文字が記されていることから、カヲルのクローン体をコアとしていることが示唆されている。  人類の補完が行われている最中、レイとともにシンジと対話を行い、最終的に補完を拒絶したシンジを見送った。死生観や自殺願望を抱えていた様子。作品世界の核心を知る存在である彼の謎めいた言葉の数々は、その後の展開を示唆するものが多い。...

NARUTO  うずまきナルトのかつての親友、ライバル、そして宿敵である。一族特有の瞳術【写輪眼】を受け継ぐ【うちは一族】の末裔。名前は三代目火影・猿飛ヒルゼンの父親の名から付けられた。  幼い頃、実兄うちはイタチの手で一族を皆殺しにされた。自らの全てを奪った兄を葬る事を使命として、自分の命をも賭す覚悟をしていた。  里を抜ける以前(第一部)は木ノ葉隠れの里の下忍で、カカシ率いる【第七班】所属であった。当初は仲間とのなれ合いを嫌い、悪態をつきながらもナルトや春野サクラと心を通わせ、仲間意識を育んでいく。  第二部からは復讐の念の増長のため、彼の人格自体に深い影を落とし、非情になる。例として仲間(重吾や水月)さえ、イタチ殺害の目的のために結成された『蛇』の秩序を乱すようなら容赦なく始末することも厭わない。第七班との戦闘では、ナルト達を殺そうとする素振りを見せた。  復讐のために生きてきたサスケにとって、その行動のすべての動力源であったイタチの死を皮切りに、すべてはイタチがサスケのため、木ノ葉のためにした行動(一族を殲滅させたことやそれを命じた木ノ葉上層部の真実など)であると、うちはマダラを名乗る仮面の男から告げられる。しかしイタチの心はサスケには届かず、深い悲しみと憎悪を増長させることとなる。結果、一族を追い込んだ木ノ葉上層部は勿論、木ノ葉の人間全てを抹殺することを決意する。  暁への参戦以降は、冷酷なサスケに陶酔していた香燐でさえ恐怖するほどの禍々しいチャクラを放っている。暁への加担、雲隠れのキラービーの襲撃と捕獲、更にはダンゾウの抹殺のみを目的とした鉄の国の五影会談への強襲などを起こす。更に仲間であっても復讐の邪魔になるようなら笑いながら葬ろうとした。...

13

DARKER THAN BLACK

Fate/stay night  かつては封印指定を受けた魔術師の父・衛宮矩賢と共に、魔術協会から潜伏しながらの生活をしていた(父はともかく切嗣の方に自覚はなかった)。母親についてはその逃避行の最中に死亡している。 潜伏地・アリマゴ島において研究サンプルが漏れ出す事故が発生する。その際、幼馴染の少女・シャーレイが、苦しみから切嗣に自分を殺してくれと頼む。しかし切嗣は幼さ故の未熟さも手伝い、恐怖からそれを拒絶して、大人に助けを求めようとする。だが結果として島は地獄と化し、切嗣は「一人を殺せなかったために大勢を殺す」という、強烈なトラウマを刻み込まれる。原因となった父がまた同じ事を繰り返すであろうことを予見した切嗣は、今度こそ、その手で父を殺害する。 その後、父を狙っていたナタリア・カミンスキーと共に島を脱した切嗣は、そのままナタリアの元でハンターとしての腕を磨き、傭兵のような生活を送る。仕事の途中、ナタリア一人と他の大勢の命を天秤にかけねばならない場面に直面した切嗣は、再び非情な決断を強いられる。 ナタリアの死後は独立し、フリーランスの魔術師として活動。 「魔術師殺し」の戦歴をアインツベルンに買われ、共同で第四次聖杯戦争に参加。開戦以前にアイリスフィールと夫婦になり、娘のイリヤスフィールを設けている。発掘された聖剣の鞘を触媒にセイバーを召喚。触媒である「全て遠き理想郷」は代理マスターとして戦地に送り込んだアイリに預けていた。 戦争の終結後、現場で唯一生き残っていた少年を発見。瀕死だった彼を「全て遠き理想郷」を体に埋め込むことで救い、脱出する。彼を養子に迎え、最愛の娘を迎えにアインツベルンを幾度も訪れたが、アハト翁の妨害に遭い、娘と再会することは叶わなかった。 聖杯戦争終結から五年後、士郎に看取られて生涯を終える。享年三十四。...

ドラゴンボール  サイヤ人王子としてのエリート意識が非常に強く、好戦的。他人の指図を受けるのを嫌うプライドの塊のような性格である。また、自らの実力に絶対的な自信を持っており、最下級戦士の生まれでありながら自分より強くなった悟空に激しいライバル意識を燃やしている。当初は、悟空のことを下級戦士で辺境惑星に送り込まれた「落ちこぼれのクズ野郎」と見下しており、同じサイヤ人でありながら地球を守ろうとする「サイヤ人の裏切り者」とも評していた。戦闘においては正々堂々とした戦いを好むほか、結果以上に内容を重要視し、相手に手加減されること、また相手を見くびることを非常に嫌う。 共闘するくらいならば一人で戦って死ぬ方がましだという考えも持っている。常により強い敵との戦闘を望み、勝利を信じると同時に死の危険を顧みない。サイヤ人としての好戦的な姿勢を貫いて動くため、こうした性格が原因で危機を招き、事態を悪化させることも。  ナッパには「惑星ベジータの名前をもらうほどの天才戦士」と評されている。幼少期に王の力を超えていたと自身で発言しており、また、ドドリアは惑星ベジータ消滅の真相を暴露した際、天才的な腕を持つベジータをフリーザはわざわざ生かしたと語った。相当な努力家でもあり、強くなるためには凄まじい特訓をも惜しまない。なお、悟空との初対決で「落ちこぼれだって必死に努力すればエリートを超えることがあるかもしれない」という言葉に「努力ではどうにもならない壁を見せる」と返しているが、魔人ブウ編では悟空を「自分以上の天才」と認めたうえで、「どんなに修行してもその差は埋まらなかった」と返しており、完全に立場が逆転していた。界王神界におけるブウ(純粋)との戦いでは、悟空を「ナンバー1」と認めている。  ナメック星編以降は地球に住み着き、ブルマの誘いを受ける形でカプセルコーポレーションで同居を始める。...

TIGER & BUNNY   シュテルンビルト司法局のヒーロー管理官兼裁判官。ヒーローの活動中に起こった器物損壊や傷害案件を裁く他、司法手続きが必要なヒーローの行動を補佐する。身長188cm。  裏の顔は、自身の正義に基づき殺人犯たちの死をもって粛清とするダークヒーロー・ルナティック。思想上ヒーローたちとは相容れない存在だが、敵愾心はなく自身の信条に関わる状況によっては敵にも味方にもなるといった、独自の「正義」を歩むヒーロー。「犯罪者を殺さない」というヒーローたちの戦いざまには、興味を抱いている様子を見せる。  実はMr.レジェンドの息子。父のヒーローとしての信条を聞きながら育ったが、少年期に父の家庭内暴力から母親を守るため、能力で父を殺害した。その際、父の燃える手で顔面を掴まれている。ヒーローとしての父の幻覚にとらわれており、能力を非合法な粛清に使用してまで、自分の父殺しの正当性を示そうとしている。  NEXT能力は「青い炎を操る」こと。瞬間火力はファイヤーエンブレム以上であり、クロスボウと併用することで炎の矢を発射したり、ジェット機のように炎を噴射して自由自在に飛行することも可能。活動時には青い掌をモチーフにしたマスクを被ってマントを羽織った姿だが、マントは外していたり、自家発火で燃やすこともある。会話中は、「タナトス(死の神)」という単語を多用する。...

前向きで自分の考えをまげない。影が薄いがそこを活かす。 とにかくカッコイイ みんなからも愛されてる

とにかくかわいい。 モテモテ。歌い手。 高温の曲がすばらしい。歌い手のほかにもボカロP、MIXをやっている。 そらるさんとよくゲームを。。。ニコニコ動画でうpしている。そしてかわいい

遊戯王  武藤遊戯が千年パズルを完成させた事で、武藤遊戯の中に現れたもう一つの人格。  以降、遊戯が危機に陥ると出現し、敗北者には精神が崩壊するほどの罰ゲームが与えられる「闇のゲーム」で、度々遊戯の危機を救っていく。  様々なゲームにおいて一流のプレイ技術と、危機的状況を打破する圧倒的な強運の持ち主。当初は悪党に容赦なく罰ゲームを下していく冷徹なダークヒーローだったが、物語後半では闇のゲーム自体が少なくなった事により、正義感や友情に厚い描写が目立つようになった。  作中でマジック&ウィザーズの扱いが大きくなった事により、闇遊戯もデュエリストとしての活躍が増えていき、遊戯の同級生である海馬瀬人との因縁をきっかけに、世界的なデュエリスト達を相手に勝利を勝ち取っていく。  当初はあくまで遊戯の別人格と言う認識でしかなく、周囲の人物も遊戯と闇遊戯の違いを明確には理解していなかった。しかし、闇遊戯の人格が常に出ずっぱりと言う状況も多くなり、次第に闇遊戯と言う個人が周囲にも認知されていくようになる。  本来は武藤遊戯に憑依した別個人なのだが、武藤遊戯として活動していた期間が大半である事から、現代で得た世間的な名声、評価などは武藤遊戯と混同されている模様。  当初は危機的状況にふと現れる謎の人格であったが、次第に遊戯と交流を持つようになり、遊戯の事を「相棒」と呼ぶ等、遊戯と友情を育むようになる。マジック&ウィザーズのデッキ作成は遊戯と共に行っており、あまり出番のない遊戯自身の実力をもっとも認めている人物である。...

インターネットカラオケマンはクビだクビだクビだ!

福本伸行作、銀と金の一人目の主人公。銀王の異名を持ち,仲間からは銀さんと呼ばれ慕われる。相棒の森田及び自分の信用する悪党の安田、巽、船田と裏社会で様々な仕事をこなす凄腕のフィクサー

闇金カウカウファイナンス経営者。本名丑嶋薫。柄崎,加納,高田,勝,小百合らと融資相手を奴隷くんと称して貸し付けを行う。占い師を金主としているがいつかその座を我が物にせんと考えている

遊戯のライバルで海馬コーポレーションの社長。切り札は青眼の白龍。

ダークヒーロー人気決定戦

自身が信じる正義の為なら、たとえ自分が悪になろうともそれを貫き通す。
そういう悪の美学を有する者がダークヒーローである。
開催状況 開催中
開催期間 2012年11月19日 00:00 〜
無期限
カテゴリー カルチャー > アニメ
投票権利者 Twitter Facebook
投票総数 1265
候補の追加・編集 すべてのユーザーに許可
投票できる回数 3
再投票
作成者 非公開
公開日時 2012年11月18日 20:53
最終更新日時 2017年02月22日 20:55
  • 球磨川 禊

    括弧つけるのがかっこいい
  • 黒子 テツヤ

    かっこいい!!
    itigonn15さん
  • まふまふ

    大大大大好きだから
    itigonn15さん
  • 赤木しげる

    赤木しげるは、何事にも囚われない生き様が一番の魅力だと思います。最後の最期まで自身の意思を通す強さもあり、死ぬことを恐れないというのが他のキャラクターにはない魅力だと思います。赤木しげるの一生を見て心打たれました。
  • 赤木しげる

    生きざまがかっこいい
    ekimituさん
  • 青峰大輝

    てか、こいつ肌が黒いだけじゃんwwwww
  • 折原臨也

    羨慕
    水靈さん
  • 高杉晋助

    ぶっ壊すとか超かっこいい。ボケもツッコミもしないシリアスなところとか好き
  • 折原臨也

    やっぱ臨也だろ
  • 高杉晋助

    好き
    gin_tacoさん
  • 高杉晋助

    好き
    gin_tacoさん
  • ルルーシュ・ランペルージ

    好き
    gin_tacoさん
  • 怪盗キッド

    好き
    張瑀晴さん
  • ルルーシュ・ランペルージ

    存在が素敵!生涯ナンバーワンです!
  • 球磨川 禊

    やっぱりこの人
  • 一方通行

    一方通行カッコいい//ω\
  • ルルーシュ・ランペルージ

    あ~はぁはぁ~

この投票板を見た人はこんな板も見ています

  • 東方Projectキャラクター無期限人気投票

    東方Projectキャラクター無期限人気投票

    開催期間 |
    2012.10.30 - 無期限
    read more...
  • 『魔法少女まどか☆マギカ』人気キャラ投票

    『魔法少女まどか☆マギカ』人気キャラ投票

    開催期間 |
    2013.11.02 - 無期限
    read more...
  • 伊東歌詞太郎 歌ってみた人気投票

    伊東歌詞太郎 歌ってみた人気投票

    開催期間 |
    2014.08.07 - 無期限
    read more...
  • カゲプロキャラランキング

    カゲプロキャラランキング

    開催期間 |
    2014.03.27 - 無期限
    read more...
  • 男性声優 人気投票!!

    男性声優 人気投票!!

    開催期間 |
    2014.08.07 - 無期限
    read more...
  • 日本の漫画史上最強だと思うキャラクターはどれ?

    日本の漫画史上最強だと思うキャラクターはどれ?

    開催期間 |
    2012.11.29 - 無期限
    read more...

この板へのコメント

  • コメントはまだありません。

コメントを残すには、ログインしてください。

  • シンセVSロック どっち派? 国民調査
  • sasakure.UK『トンデモ未来空奏図』全曲公式人気ランキング
  • ゲンロンサマリーズ
  • アニメ映画「ねらわれた学園」キャラクターランキング
  • 電子工作コンテスト2012 応募作品インターネットファン投票

ソーシャルアカウントをフォローすると
最新のランキング情報がチェックできます!