無期限受付中
シャッフル
62votes
  • tw
  • fb
あと 3回投票できます

第1シーズンは1987年9月22日から金曜午後8時枠で放送が開始された。初めは視聴率は振るわず打ち切りも検討されたが、徐々に人気を博していった。  1990年代には世界各地で放送が開始される。コメディでありながらも家族や友人の大切さ、愛の大切さなどを語るドラマでもあり、番組前半では笑いを誘い、後半では涙を誘う。また児童虐待、喫煙、飲酒、性、死などの問題を扱うエピソードもある。なお、本作は全エピソードがTV-G(全年齢対象)の評価を受けた。  シーズン8まで全192回を数え、本放送は1995年5月23日に終了した。アメリカのABCファミリーとTeenNick(ニコロデオン系列)では、放送が終了した後も繰り返し再放送される人気番組だった(ABCファミリーは2012年5月、ニコロデオンも2012年9月に放送終了)。  日本ではNHK教育テレビジョン(Eテレ)で1993年から1997年に放送され、その後も1997年4月から2001年1月までと、2005年4月から2009年9月まで(途中8か月間休止あり)の2回連続的に再放送された。2009年1月26日からはディズニー・チャンネルで放送を開始した。過去にはLaLa TVでも放送されていた。  サンフランシスコに住むタナー夫妻には10歳のD.J.と5歳のステファニー、そして生後6ヶ月のミシェルの3人の娘がいたが、妻パメラが交通事故で死んでしまう。夫ダニーは親友ジョーイと義弟ジェシーに協力してもらって、男手だけで子育てすることに。  ダニーはテレビ局でキャスターをしていて昼間は家にいないので、その間は、子供好きなコメディアンのジョーイと、エルヴィス・プレスリーを崇拝するミュージシャンのジェシーが子どもの面倒をみる。3人の娘に手を焼きながらも、2人は次第に父親らしくなっていく。...

超常現象をテーマにしたストーリー展開や映画並みのロケが話題となり世界中でヒットした。製作総指揮はクリス・カーター。全9シーズン202話と劇場版2作が製作された。  ストーリーは、UFO、UMA、オカルトなど科学では説明の付かない超常現象のまつわる事件に、2人のアメリカ連邦捜査局(FBI)捜査官が取り組むというものである。超常現象に対し肯定的な男性捜査官モルダーと、懐疑的な女性捜査官スカリーの対照的なコンビが、対立しながらも信頼し合っていく描写も魅力である。モルダー捜査官は、幼い頃に妹を宇宙人に誘拐されており、「妹探し」がシリーズ全体を通してのテーマとなっているが、基本的には、毎回ひとつの事件に取り組むという一話完結の物語である。事件が万事解決するとは限らず、謎を残したまま終わることも多い。各回の内容は「完全な一話完結型」と定期的に登場する「ミソロジー(神話)」に大きく分類される。ミソロジーとは、異星人の存在と政府の陰謀に主人公陣営が家族を巻き込みつつ真っ向から立ち向かうという連続ドラマであり、それがシリーズの根幹を成して全体の流れを作っている。  シーズン初期は殺人事件のからむ深刻で重苦しい雰囲気のエピソードがほとんどであったが、シーズンが進むにつれ、パロディ・コメディ・ファンタジー的なエピソードも披露されるようになる。シリーズ終盤は、モルダーがUFOに誘拐され、代わりにドゲット捜査官が登場。かつてのモルダーの立場(超常現象肯定派)をスカリーが、スカリーの立場(超常現象懐疑派)をドゲットが引き継いでいる。  オープニングと本編の間に通常「THE TRUTH IS OUT THERE(真実はそこにある)」とのキャプションが入るが、いくつかのエピソードでは内容にまつわる重大なキーワードに変わることもある。...

幸せな新婚生活を送るメリンダ・ゴードンには、祖母から受け継いだ不思議な能力が備わっていた。それは、この世に心残りを持った死者の霊と話すことが出来る力。生前愛する人たちに伝えることの出来なかったメッセージを抱え、気がかりな出来事の解消を求める霊たちが、次々とメリンダの前に現れる。なぜ自分にはこのような力が与えられたのか―。時には恐怖に立ち向かいながらも、メリンダはさまよえる霊たちが安らかに眠れる場所へ旅立てるように導き、残された人々が少しでも癒されるよう手助けをしてゆく。  日本では、FOXチャンネルにて、2008年7月21日よりシーズン1、2008年12月22日よりシーズン2、2009年5月29日よりシーズン3、2010年4月23日よりシーズン4が字幕版・吹替版で放送されており、2011年4月15日よりシーズン5が字幕版にて放送を開始した。また、地上波では日本テレビにて2009年3月12日より8月6日までシーズン1、2011年1月8日から7月2日までシーズン2、2011年12月20日から2012年4月24日までシーズン3を放送。  なお、1990年に公開されたアメリカ映画『ゴースト/ニューヨークの幻』との関係は一切ない。...

2005年9月13日にアメリカのThe WB系列で放送開始。2006年9月開始のシーズン2からはネットワーク再編によってThe CW系列に引き継がれた。シリーズ初の全23話となったシーズン7が2012年5月18日に終了し、シーズン8が同10月3日より放送開始となった。  ジャンルはアクション・ホラー・サスペンス。基本的には1話完結のオムニバスで、全体的にロードムービー仕立て[7]。サムとディーンのウィンチェスター兄弟がアメリカ各地をまわり、霊や怪物などの超常的な存在を退治していくという物語だが、その一方で、2人の主人公の過去や宿命にまつわる連続ドラマ的なストーリーも同時に展開する。  1983年11月2日アメリカカンザス州ローレンス、ウィンチェスター家の皆は今夜も何事もなく朝を迎えるはずだった。その夜、メアリー・ウィンチェスターはふと目を覚まし、生後6か月の生まれて間もない息子サムが寝ている子供部屋へ向かう、そこには、寝ているサムの前に父親であるジョンらしき男の人影が見えた。メアリーは状況を納得し部屋を去る。しかし、去り際別の部屋でテレビの前にいる夫の姿を確認する。じゃあ、さっきサムの前にいたのは…メアリーは急いでサムのもとへ駆けつける……  妻の悲鳴を聞いたジョンは子供部屋へと駆け込んだ。しかしそこに彼女の姿はなく、サムがベッドの上で無邪気な笑みを浮かべているだけだった。彼がサムを抱き上げようとした時、上から黒い液体が落ちてくる。そして、それが血であることに気付き、驚いたジョンは上を見上げる。そこには、腹から血を流し天井に磔にされている妻がいた。さらには突如として炎が噴出し、一気にその場は火の海となってしまう。...

最初にプリズン・ブレイクがFOXテレビで企画に上がったのは2003年。大脱走、パピヨン、ショーシャンクの空にのような脱獄ものをドラマでやりたいと希望したが、FOXテレビがこの長期化しそうなシリーズに不安を感じ、棚上げとなった。  進展があったのは2004年。『24 -TWENTY FOUR-』や『LOST』のような、いわゆる「連ドラ」形式のテレビドラマシリーズが大好評を得たことでFOXネットワークは方向転換し、製作に入った。  FOXは、アメリカ国内で大規模な広告キャンペーンを展開し、初回プレミア放送で1,050万の視聴者を獲得した。初日は第1話と第2話連続で放映し、その週のニールセン調査ではアメリカにおいて7番目の視聴率だった。毎週平均1,000万人の視聴者を集めていて、2005年秋のアメリカ新番組をリードした。夏期月曜枠ドラマでは『メルローズ・プレイス』や『アリーmyラブ』等の人気作品以来のヒット作品で、1998年9月以来の成功作となった。また、日本では『24 -TWENTY FOUR-』や『LOST』と並び『三大海外ドラマ』のひとつとして人気を博している。  当初は13のエピソードのみ計画されたが、その人気により9つのエピソードが追加された。アメリカでは最初の13のエピソードは2005年8月から同年11月まで放映し、残り9つは2006年3月から同年5月まで放映された。  副大統領の弟を射殺した容疑で逮捕され、死刑判決を受けたリンカーン・バローズ。主人公マイケル・スコフィールドは兄リンカーンの無実を信じ、刑執行から救い出すために綿密な計画を備え、自身の体に刑務所の設計図を模したタトゥーをいれる。  銀行強盗を犯し、目論見通り実刑が確定したマイケルは、リンカーンが収容され、また自身が設計に携わった重警備のフォックスリバー刑務所への収監を希望。兄弟での脱獄を企てる。...

マイケル・クライトンが医学生だった頃のエピソードを綴った作品『五人のカルテ』(ハヤカワ文庫)が原作。シカゴにあるクック郡病院(テレビドラマではカウンティ総合病院)の救急救命室(Emergency Room、略称:ER) で働く医師や看護師たちの日常をリアルに描いたドラマである。ドラマは、ジョン・カーター(若き日のクライトンがモデルといわれているが、本人は否定している)の病院実習(ER実習)の第1日目の出来事から始まる。  元々映画化するために原作者クライトン並びに友人のスティーヴン・スピルバーグが、この作品について打ち合わせをしていた時、クライトンは、その当時執筆していた『ジュラシック・パーク』のエピソードを話してしまい、スピルバーグの興味はそちらに移ってしまった。いったん『ER』はお蔵入りとなったが、その後ワーナー・ブラザーズが掘り起こし、テレビドラマとしてスタートさせた。本国アメリカでは第15シーズンまで放送された。   それまでの医療ドラマと異なり、冷静な判断の出来ない多忙な医療現場、医療ミスと訴訟、患者による暴力や脅迫、さらに放映時点での最新の実験的治療など、医療に関する考証を綿密に行っており、本職の医療従事者の間でも評価が高い。また決して広くはない診療室で撮影しなくてはならず、ステディカムが威力を発揮している。第1話の撮影は廃院となった病院をスタジオ代わりに撮影しており、それ以降はスタジオにセットを再現して撮影した。  シリーズ展開では、プロデューサーとして『ザ・ホワイトハウス』と同じジョン・ウェルズが参加していることもあって、アフリカのコンゴにおける貧困や紛争などをリアルに描いたり、アメリカにおける麻薬や銃問題などが提起してあったりなど視聴者に問いかける一面もある。緊迫した場面の合間にコミカルなエピソードを挿むのも『ザ・ホワイトハウス』と共通している。...

複数の出来事がリアルタイムで進行し、全シーズンが1話1時間の全24話で完結する。非常にテンポが速く、かつ複雑に進行する物語が特徴的でこの作品の魅力である。また、極めて多い登場人物、予想を裏切るストーリー展開、ズームと意図的な手ぶれを多用したドキュメンタリー映画のような映像が特徴である。また、画面を多分割して同時進行する事態を描写する「スプリット画面」もあり、初期のシーズンでは多用されていたが、シーズンが進むにつれてCMの前後などでしか使用されなくなっている。スプリット画面やCMの前後などでは24時間表示のデジタル時計が登場し、ストーリー中の時刻を伝える。  なお、本編の進行は、視聴者からのインターネットの投稿により、物語が変化する可能性がある伏線が、各所にちりばめられている。CTUの活躍を全面に押し出すためか、FBIなどの捜査機関はほとんど登場していなかったが、シーズン7でFBIワシントン支局が主軸で登場している。  アメリカのメディアやファンの間では、1つのストーリーが24時間で完結することから「シーズン(Season)」のことを「デイ(Day)」と表現する事がある(Day1、Day2……)。なお、放送開始前の宣伝に使う「DAY○○」は、これとは異なり「あと○○日で放送開始をする」という意味である。物語がリアルタイムで進行する手法が際立つが古典では常套であり、現代でも見受けられる。...

6

BONES

「ボーンズ」と呼ばれる法人類学者の女性「テンペランス・ブレナン」を主人公に、現場に残った被害者の“骨”から証拠を見つけ、事件を解決に導いてく姿を描く。  原案は法人類学者で作家のキャシー・ライクス。主人公のモデルでもある。  アメリカでは、2012年9月17日より第8シーズン(全26話)を放送中である。  日本では、スカパー!ほかのFOXチャンネルにて2006年7月に字幕版、2007年1月に吹替版、2008年12月には地上波TBS(声優の呼称がない)、後にテレビ朝日でも第2シーズンの吹替版が放送開始。2012年3月にはDlifeにて吹替版と字幕版の放送が開始された。...

9

LOST

製作・監督・脚本は、テレビドラマ『エイリアス』等を手掛けたJ・J・エイブラムス。2004年9月に放映されたパイロット版(前後編)は、約16億円という破格の制作費が使われ、プロデューサーが解雇されたことも話題になった。  ドラマの撮影は屋内、屋外含めほぼ全てハワイ州オアフ島で行われている。撮影されたLOSTのテープはホノルル空港経由でアメリカ本土に届けられているが、ホノルル空港係員のミスにより通常は通さないX線検査に現像前のフィルムを通してしまい、結果フィルム画像が感光して消失し、再撮影になるというハプニングで30万ドルの被害が生じている。  メインのストーリーラインである島での日々を追いながら、登場人物の過去が随所に挿入される構成が特徴。各エピソード毎に1人または複数人の過去が少しずつ明かされ、各キャラクターの人物像が浮き彫りになると共に、島で初めて会ったはずの彼らの過去の繋がりが見え隠れする。なお、815便の墜落は、アメリカでの初回放送日である、2004年9月22日という設定になっている。  墜落事故の生存者は計40名以上もいながら、普段焦点を当てられるのはこのうち一握りの「重要人物」に限られており、登場人物自身がこの点をネタにしたジョークを口にすることもある(シーズン1第24話など)。  またプライムタイムTV番組としては珍しく宗教的なテーマが強いのも特徴で、特にキリスト教の贖罪(全てのキャラクターが墜落前の人生で何らかの罪を犯している)、島での洗礼儀式、奇跡(ローズの回復、ロックの体など)、受胎(男性不妊の妻の妊娠など)、神と運命の存在に関する議論、多くの聖書からの引用、などが扱われた。  多数のキャラクターに各々の問題が持ち上がり、ストーリーが同時進行する「多様性展開」と呼ばれる連続ドラマの手法は、1970年代『ダラス』に始まり、『ER緊急救命室』や『ツイン・ピークス』と同じ。...

いわゆるジェネレーションX世代である「社会に出てもなかなか大人になれない」登場人物たちの、都会的なライフスタイル、友情や恋愛を、オフ・ビートなユーモアでコメディに仕立てあげている。  1994年9月22日にアメリカのNBCテレビで放送を開始して以来、瞬く間に世界に広がり、最もヒットしたシットコムの1つとなった。2004年5月6日にアメリカでシーズン10の最終回を迎え、このときのアメリカでの視聴者数は5250万人にものぼった。この最終回のコマーシャル料金は30秒で約2億円だった。同年9月9日に、ジョーイ・トリビアーニ役のマット・ルブランク主演のシットコム、スピンオフ『ジョーイ』(Joey)を放送開始した(2006年に46話をもって終了)。  日本では1995年秋にWOWOWで放送が開始され、2000年秋からは地方局での地上波放送が続々と開始された。WOWOWでの放送は2005年3月26日に最終回を迎え、翌週4月2日に『ジョーイ』の放送が開始された。また、2009年4月6日から10月1日まで、以前2001年4月3日深夜にシーズン3から放送を開始(その後打ち切り)していたテレビ東京にて、シーズン1からシーズン5の放送を行っていた。  放送開始当初の出演者のギャラは1話30万円ほどだったが、番組の人気が高まるにつれてシリーズ更新ごとにギャラが上がっていき、シーズン9からシーズン10では1話につき主要キャストの6人のギャラはそれぞれ1,000,000米ドル(当時の日本円で約1億2000万円)にまでなった。一説ではこれがシーズン10で終わった理由と言われている。...

必見! 海外ドラマ人気ランキング決定戦!

あまりに長大すぎてなかなか手の出しにくい海外ドラマ。
気になる作品はたくさんあっても、見るのを躊躇している人は多いはず。
実際なにを見ればいいのか? この投票板がガイドラインになれば良いと思います。

ちなみに私の不動の1位は古いですがXファイルです^^
VHSで全部持ってます^^
開催状況 開催中
開催期間 2012年12月04日 12:30 〜
無期限
カテゴリー 趣味・生活 > その他
投票権利者 Twitter Facebook
投票総数 62
候補の追加・編集 すべてのユーザーに許可
投票できる回数 3
再投票
作成者 非公開
公開日時 2012年12月04日 07:39
最終更新日時 2016年05月31日 18:43
  • フルハウス

    DVDかりたしね!
  • フルハウス

    むかしよく見てたなーと
    TYonemuraさん

この投票板を見た人はこんな板も見ています

  • BOØWY人気曲ランキング

    BOØWY人気曲ランキング

    開催期間 |
    2016.11.27 - 無期限
    read more...
  • 移動手段として最も多い手段は?

    移動手段として最も多い手段は?

    開催期間 |
    2012.02.16 - 無期限
    read more...
  • 東京で一番の都市はどこだー!

    東京で一番の都市はどこだー!

    開催期間 |
    2012.04.19 - 無期限
    read more...
  • 今からでも習得すべきプログラミング言語ランキング

    今からでも習得すべきプログラミング言語ランキング

    開催期間 |
    2012.11.07 - 無期限
    read more...
  • 純情ロマンチカ・世界一初恋好きな曲ランキング

    純情ロマンチカ・世界一初恋好きな曲ランキング

    開催期間 |
    2014.11.05 - 無期限
    read more...
  • 母親あるある

    母親あるある

    開催期間 |
    2012.11.21 - 無期限
    read more...

この板へのコメント

  • コメントはまだありません。

コメントを残すには、ログインしてください。

  • シンセVSロック どっち派? 国民調査
  • sasakure.UK『トンデモ未来空奏図』全曲公式人気ランキング
  • ゲンロンサマリーズ
  • アニメ映画「ねらわれた学園」キャラクターランキング
  • 電子工作コンテスト2012 応募作品インターネットファン投票

ソーシャルアカウントをフォローすると
最新のランキング情報がチェックできます!