【あおい交通】大橋義彦さんの経歴を調査!乗客と会社ともに評価のいい運転手だった

リアルタイム・速報

2022年8月22日、名古屋市北区で県営名古屋空港に向かうバスが

豊山南IC出口の分離帯に正面衝突し横転炎上

この事故で、バス運転手と乗客と見られる2人が亡くなりました。

その運転手の方が大橋義彦さんです。

大橋義彦さんは運転経歴8年7ヶ月の中堅運転手で

気配りが温かい運転手だったとお客様の証言がありました。

今回は

  • 大橋義彦さんの経歴
  • 事故の原因予測
  • 動画、会社(社長)の対応

を調査しました。

 

あおい交通高速バス事故の概要

事故前他の車からの証言で豊山南IC手前から

車線変更した後第二通行帯の破線をまたぎ

蛇行運転を繰り返していたと目撃されています

恐らく事故が起きたのが午前10時過ぎなので

9:50名古屋駅前発のバスで

5分前後の遅れで走行していたとみられます

事故当日大橋義彦さんは午前4時40分に出勤

アルコール検査や

運行管理者との対面点呼では

異常はありませんでした。

事故前日は15時退勤で

翌日まで十分時間が空いていました

大橋義彦さん経歴

  • SNSはやっているかは不明
  • 運転手歴8年7ヶ月
  • あおい交通には2019年1月に入社
  • あまり人と喋らないタイプ
  • お酒が飲めない体質
  • 特に大きな持病はなし
  • 遅刻や無断欠勤はない
  • 仕事は至って真面目
  • 急な仕事も快く引き受けてくれる

上記のように会社からも信頼されている

中堅運転手さんだったようです。

このような口コミもありました

大都市のバスって正直接客悪くても

ありふれているからあまり気になりませんが

本当に運転が好き、接客も好きで

仕事を選ばれたのでしょう

そのような方が亡くなられたのが悔やまれます。

 

事故原因は?

※現時点では分かっておりません

司法解剖と警察の調査で情報が増えれば更新いたします

筆者は観光バスのプロドライバーに知り合いがいるので

直接聞いてみたところ

結論から述べますと意識を失っていた可能性が高いと言っていました

そもそも何かにぶつかるリスクが有るときは

会社からの指導で止まるようにと言われているところが多いみたいです。

ニュースにも事故直前ブレーキ痕が無いことや分離帯に正面衝突していた

と報道されていたので

脳疾患や心疾患が急発したのではないでしょうか?

50代を超えると健康な人でも成りかねないようです。

会社(社長)の対応

8月23日にあおい交通株式会社

社長の松浦秀則社長は会見で

こう答えています

『運転にミスが有った』

なので意識がある状態で誤認運行が原因と予想していました

この会見に批判が相次ぎ炎上しました

原因でもお伝えしましたが

警察の調査も何も終わっていない段階で

原因は断定できません、あくまで予測です!

それなのに運転ミスがあったと

会見で断定しておりました。

頭が悪いのか、自分を守りたいのかどちらかなので

アンチの皆さんどうぞお好きにと言ったところでしょうか、、、

良い人が損して悪い人が逃れれる世の中

法律が厳しくなり少しはましになりましたが

いつ終わりが来るのでしょうか

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました